中国料理「HAハMAマCHOチョウ」(愛知県一宮市栄)

肉だんごの黒酢煮込み

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

推しメシ「HAMACHO」の「肉だんごの黒酢煮込」(21日午前11時34分、愛知県一宮市栄の「HAMACHO」で)
推しメシ「HAMACHO」の「肉だんごの黒酢煮込」(21日午前11時34分、愛知県一宮市栄の「HAMACHO」で)

◇香りと甘み 食欲そそる

 「黒酢ソース」は、肉団子を始め、様々な料理に合う万能の調味料。黒酢の香りと、甘みのある味わいが食欲をそそります。

 材料は4人前です。まず肉団子から。豚ミンチ肉300グラムと、タケノコ40グラム、シイタケ40グラム、ネギ20グラムをみじん切りにしてボウルに入れ、塩・コショウで味を調えたら、卵1個、かたくり粉少々を加えて混ぜます。団子状に丸め、170度の油でゆっくり揚げて完成。忙しい時は市販の肉団子で“時短”してください。

 続いて、決め手のソース。保存できるので、多めに作っておきます。ボウルの中に黒酢250グラム、砂糖300グラム、塩15グラム、ウスターソース15グラム、水250ccを入れて混ぜるだけ。砂糖が溶け切ったらOKです。

 このソースを、肉団子、切ったパプリカを入れた鍋に使う分だけ移し、沸騰して泡がブクブクと出るまで強火で煮込んだら完成です。

 店では、このメニューはコース料理に含まれており、同じソースを使った「黒酢豚」(税別900円)も大人気です。料理では、じっくり煮込んだ鶏ガラスープや、手作りの調味料にこだわっています。ラー油やネギ油、チリソース、テンメンジャンも手作り。ピリ辛の麻婆マーボー豆腐(同800円)、ラー油を使わないランチ限定のマーボー丼(税込み500円)はぜひ味わってほしい一品です。

「HAMACHO」の佐竹保志さん(21日午前11時22分、愛知県一宮市栄の「HAMACHO」で)
「HAMACHO」の佐竹保志さん(21日午前11時22分、愛知県一宮市栄の「HAMACHO」で)

 佐竹保志さん 34

 一宮市出身。名古屋市などのホテルで約10年間、中国料理の腕を振るった。2013年にオーナーシェフとして現在の店をオープン。野菜たっぷりの焼餃子(やきぎょうざ)(5個、税別500円)や、皇帝エビのチリソース煮込み(税別2300円)などが人気。画像共有サービス「インスタグラム」でも、多くの色彩豊かな料理を紹介している。営業時間は午前11時半~午後1時半、同6時~翌日午前2時。日曜定休で、金土曜はランチ営業が休み。(電)0586・72・2008。

無断転載禁止
15431 0 推しメシ☆料理人編 2018/03/24 05:00:00 2018/03/24 05:00:00 推しメシ「HAMACHO」の「肉だんごの黒酢煮込」(21日午前11時34分、愛知県一宮市栄の「HAMACHO」で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180404-OYTAI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ