エビカツ定食(860円)

酒津屋 東店(名古屋市中区栄 森の地下街・南二番街)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

シノダ部長の推しメシ 酒津屋 エビカツ定食
シノダ部長の推しメシ 酒津屋 エビカツ定食

◇4本並んだ断面に食欲

 栄の地下街を歩いていて、この店が気になって仕方ないという人は、恐らくただの酒飲みだろう。何しろ、朝から一杯やれるのだ。周りの店ではまだランチすら始まっていないというのに。近くの南一番街には中店があり、最近、伏見長者町地下街にも伏見店ができた。

 明るいうちから一杯というのは、ちょいと勇気がいるというか、後ろめたいというか、案外ハードルの高い行為だが、この店では、みな屈託なく昼酒を楽しんでいる。まあ、こういう店が一軒ぐらいあるというのも、文化的なような気はする。

 ただし、この店は酒飲みのためだけにあるわけではなく、定食類も充実している。中でもイチオシなのが、このエビカツ定食だ。エビフライではなく、エビカツというのがうれしい。要は好きなのだ、エビカツが。

 この店のエビカツは、小ぶりなエビを4本並べたものに衣をつけて揚げてあり、スパッと二つに切って皿に盛られている。その断面は実に美しく、食欲をそそられることおびただしい。

 冷凍食品なんかだと、つなぎばかりでがっかりすることもあるが、こちらはつなぎなしだ。カリッと揚がった衣とぷりぷりのエビだけを純粋に味わうことができる。酒にも合うのだが、ソースをかけてタルタルソースを添えれば、ご飯のおかずとしても最強の部類に入ることは間違いない。

無断転載禁止
31192 0 推しメシ☆料理人編 2018/07/06 05:00:00 2018/07/06 05:00:00 シノダ部長の推しメシ 酒津屋 エビカツ定食 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180706-OYTAI50010-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ