読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

3400トン出荷量は日本一 愛知早生ふき

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

(3)
(3)

 愛知県の伝統でんとう野菜「愛知早生わせふき」は、その名の通り生育が早く、時期によってはたけが2か月で1メートル以上びます。かおりが良く、ほろ苦さとシャキシャキとした歯ごたえが特徴とくちょうで、煮物にものなどに使われます。

「愛知早生ふき」を鎌で切り取り、収穫する平松さん(愛知県知多市で)
「愛知早生ふき」を鎌で切り取り、収穫する平松さん(愛知県知多市で)

 江戸えど末期、現在の東海市加木屋町で自家用に栽培さいばいされていたものが伝わったとされます。全国で栽培されているフキの多くは、この愛知早生ふきです。

 国の統計とうけいによると、2019年の愛知県のフキ出荷量は約3400トンで日本一。2位の群馬県(約890トン)を大きく上回りました。一方、作付面積は70ヘクタールで、群馬県の97ヘクタールを下回ります。これは、栽培方法がことなるためです。

収穫後は大きさをそろえて葉を落とし、袋に詰めて出荷する。大きさや太さで規格が異なる(愛知県東海市で)
収穫後は大きさをそろえて葉を落とし、袋に詰めて出荷する。大きさや太さで規格が異なる(愛知県東海市で)

 フキの本来の収穫時期は4月ごろで、群馬県では収穫は1シーズン1、2回。これに対し、愛知県では10月以降、同じかぶから3回もり取ります。

 知多半島では、種となるフキの地下茎ちかけいを6月から2か月ほど冷蔵庫れいぞうこ保管ほかんして人工的に冬を体験させます。そして、8月に植え付けて秋に収穫します。また、ビニールハウスで温度を調整するなどしながら栽培することで、約8か月にわたり収穫ができるそうです。

 東海市では都市化が進んで農地がり、農家は周辺地域ちいきで栽培を始めています。市内の農家平松直樹なおきさん(51)もその一人で、「フキはいろんな料理で楽しめる野菜。水やりなど世話をしっかりやれば、それに応えてくれる」と、愛情あいじょうを込めて栽培しています。(文・写真ともに林陽一)

無断転載・複製を禁じます
1972074 0 むかし野菜を訪ねて 2021/04/09 05:00:00 2021/04/09 05:00:00 2021/04/09 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210408-OYTAI50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)