文字サイズ

    愛産大三河 1本出ず…全国高校野球

    松原 力投最後まで

    • 4回愛産大三河無死、鈴木球が安打を放つ=西孝高撮影
      4回愛産大三河無死、鈴木球が安打を放つ=西孝高撮影
    • 9回愛産大三河1死、上田が安打を放つ
      9回愛産大三河1死、上田が安打を放つ
    • 横浜に敗れ、ベンチ前に整列する愛産大三河の選手
      横浜に敗れ、ベンチ前に整列する愛産大三河の選手

     全国高校野球選手権記念大会第5日の9日、22年ぶり2度目の出場となる愛産大三河は、1回戦で横浜(南神奈川)と対戦、0―7で敗れた。エース松原絃介投手は力投したが相手の強力打線を抑えきれず、東愛知大会で4割近いチーム打率を残した打線も援護できなかった。甲子園初勝利はならなかったが、最後まで懸命にプレーするナインに、スタンドから大きな歓声と拍手が送られた。

     松原投手は一回の一死三塁のピンチをしのいだものの、二回に3安打と犠飛で3点を失った。その後、3本塁打を許して点差を広げられたが、最後まで気迫の投球を続けてナインをもり立てた。

     打線は三回、四球や盗塁などで二死三塁としたが、後続を断たれて得点できず。五回には石原剣太選手が敵失で出塁、高橋大地選手も四球を選び、盗塁などで二死二、三塁としたものの、あと1本が出なかった。

     桜井春生監督は「打力に差があり、序盤で大量リードを許したのが大きかった。完敗したが、甲子園に連れてきてくれた選手たちに礼を言いたい」と話した。

    2018年08月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て