<速報> 仙谷由人・元衆院議員が死去…民主党政権で官房長官
    文字サイズ

    台風接近時に水門閉鎖せず…豊橋

    • 台風24号の接近時に閉まっていなかった小見堂樋管(豊橋市で)
      台風24号の接近時に閉まっていなかった小見堂樋管(豊橋市で)

     台風24号が9月末に東海地方に接近した際、豊橋市大村町の豊川につながる水門(樋管ひかん)が、閉まっていなかったことが分かった。周辺の民家など数軒で浸水被害が発生しており、本来閉められるはずの樋管を閉めなかったことが原因とみられる。

     水門は、普段は周辺地域に降った雨水を豊川に排水している小見堂樋管こみどう。国土交通省の豊橋河川事務所や豊橋市によると、通常、台風などで豊川が増水した時は、氾濫防止のため川から分かれる放水路に水を流すことになっており、その際、同事務所は予定時刻を市に連絡。市は樋管の管理を委託している自治会に伝え、自治会は、川をさらに増水させないよう、樋管を閉める対策をとる。

     今回は、9月30日の夕方、同事務所が市に放水路に水を流す可能性を伝え、さらに夜になって、放水の決定を伝えたという。しかし、自治会役員は「市からは樋管閉鎖などの具体的な指示はなかった」としており、市側は「当日の経緯や自治会への連絡内容などを調査している」と話している。

    2018年10月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て