<速報> 仙谷由人・元衆院議員が死去…民主党政権で官房長官
    文字サイズ

    モーニング「映え」狙う…一宮

    インスタでコンテスト

    • モーニングを撮影する岡本さん(左)と河合さん(一宮市のカフェアラビカで)
      モーニングを撮影する岡本さん(左)と河合さん(一宮市のカフェアラビカで)

     一宮市内の喫茶店で飲み物にパンや卵など豪華なセットが付く「一宮モーニング」の写真を、画像共有サービス「インスタグラム」に投稿するコンテスト「モースタグランプリ」が行われている。一宮モーニング協議会(事務局・一宮商工会議所)による初の取り組みで、協議会は「モーニングの新たな魅力をどんどん発信してほしい」と期待を寄せる。

     「こう撮ったほうがいいね」――。モーニング発祥の地とされる一宮市。その魅力を伝える「一宮モーニングエンジェルズ」の主婦岡本英里さん(稲沢市)と会社員河合彩乃さん(一宮市)は、喫茶店「カフェアラビカ」で、コンテストの見本用にモーニングを何度も撮影していた。

     同市には飲み物の値段だけで多彩な食事を楽しめる店が多く、アラビカは、400円のコーヒーに、明太子トーストやミックスサンドなどのパンのほか、野菜サラダ、ポテトグラタン、デザートも付く豪華さで知られる。

     協議会では、市内の喫茶店を巡るスタンプラリーを行うなど、モーニング文化の活性化を目指し様々な取り組みを行ってきた。今回は若者にも参加してもらって盛り上げたいと、若い世代に人気の「インスタ」による情報の拡散を期待してコンテストの実施を決めた。

     コンテストのPRも担う2人は「一宮の喫茶店は個性豊かで、撮影しがいのあるメニューが多い。お気に入りの店で、楽しい時間を過ごしている写真をぜひ投稿して」と呼びかけていた。

     募集するのは「ほのぼの」「レトロ」「インスタ」の3部門。「ほのぼの」は家族や友達とモーニングを食べた場面など、「レトロ」は昔ながらの雰囲気の店などでモーニングを楽しむ風景、「インスタ」は思わず見入ってしまう「インスタ映え」を狙った写真を投稿する。

     投稿は、〈1〉協議会のインスタグラム公式アカウント「@ichinomiyamorning」をフォロー〈2〉協議会加盟の喫茶店(計96店)でモーニングを撮影〈3〉決められたハッシュタグ(「ほのぼの」なら「#モースタ2018ほのぼの」)を付け、コメント欄に店名を明記――の手順で行う。12月末まで募集し、複数応募も可。グランプリ受賞者にはクオカード5万円分が贈られる。問い合わせは一宮商工会議所(0586・72・4611)。(沢村宜樹)

    2018年10月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て