日本海450万年前に原型 浅原・名大准教授らグループ

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 名古屋大の浅原良浩准教授らのグループは、日本海が450万年前に太平洋と分離し、今の原型となる半閉鎖的な海域になったとする研究結果を論文にまとめた。これまで不明だった形成時期が具体的に絞り込まれたことになり、浅原准教授は「日本海独自の生物の進化の過程や起源の解明につながる」としている。(野村順)

 論文などによると、1000万年前、西日本は朝鮮半島と陸続きで東日本の大部分は海面下にあった。その後、東日本から北海道にかけて地面が隆起し、日本海は半閉鎖的な海域となったとされる。ただ、形成時期は火山活動の活発な時期やプランクトンの生息状況の変遷などから「400万~500万年前」「250万~350万年前」などと諸説あった。

 このため、名大や富山大などの研究チームが2013年、日本海中央部で厚さ約400メートルの海底堆積たいせき物から魚の歯や骨の化石を採取。海域ごとに特徴が出る「ネオジム」という元素の同位体(原子番号が同じで質量数が異なる元素)の含有比率を分析し、日本海に流れ込んでいた海水の変化などを調べた。

 その結果、450万年前、14万年ほどの時間をかけて太平洋から日本海への海水の流入が急激に減少する一方、オホーツク海からの海水の流入が増えていたことが判明。浅原准教授は「東北地方が隆起した結果、日本海が半閉鎖的な海域となり、海水の流れが変化したと思われる」と説明する。

 研究成果は米国の地質学会誌「Geology」電子版に掲載された。蒲生俊敬・東京大名誉教授(化学海洋学)は「日本海は太平洋から地形的に区別されており、生物は独自に進化してきたとされてきた。形成時期が定まったことで今後、より具体的な議論が期待できる」と評価している。

466420 1 ニュース 2019/02/28 05:00:00 2019/02/28 05:00:00 2019/02/28 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190227-OYTNI50055-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ