読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

旅館とホテル限定の酒「あいち花鳥風月」 業界の青年部企画

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

(左)あいち花鳥風月の「風」のデザイン (右)完成した日本酒にラベルを貼る愛旅連青年部のメンバーら(愛旅連青年部提供)
(左)あいち花鳥風月の「風」のデザイン (右)完成した日本酒にラベルを貼る愛旅連青年部のメンバーら(愛旅連青年部提供)
あいち花鳥風月の「風」のデザイン
あいち花鳥風月の「風」のデザイン

 愛知県内の旅館とホテルでしか飲めない、オリジナルの日本酒「あいち花鳥風月」が完成した。コロナ禍で苦しんでいる宿泊、酒造業界を盛り上げようと、愛知県ホテル旅館生活衛生同業組合青年部(愛旅連青年部)と同県酒造組合青年部が企画した。

 2020年1月から始動したプロジェクト「旅先でしかめぬ酒(旅×酒)」の一環で、旅館の料理に合う日本酒のアイデアを募集。鮮魚や煮物、揚げ物との相性などを審査し、福井酒造(豊橋市)と山盛酒造(名古屋市)、金虎酒造(同)、丸一酒造(阿久比町)の4蔵に絞った。

 4蔵が仕込んだオリジナルの日本酒は、4合瓶(720ミリ・リットル)で計2000本。「花」「鳥」「風」「月」と名付けられ、愛旅連青年部に加盟する一部の宿で4月16日以降、提供される予定だ。

 このプロジェクトは、全旅連青年部の第25回全国大会で、31件の応募の中からグランプリ(最優秀賞)にも輝いた。

 広報担当者は「市場には出回っていない逸品。旅館の料理に合うように、酒蔵が創意工夫している。ぜひ愛知を訪れて、のどを潤してほしい」とPRしている。

無断転載・複製を禁じます
1940484 0 ニュース 2021/03/27 05:00:00 2021/03/27 05:00:00 2021/03/27 05:00:00 できあがったオリジナルの日本酒にラベルを貼るメンバーら(愛知県ホテル旅館生活衛生同業組合青年部提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210326-OYTNI50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)