読売新聞オンライン

メニュー

知事、新型コロナまん延防止要請考え 感染者「ステージ3」相当で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大村秀章知事は20日の記者会見で、県内の新型コロナウイルス感染者が増加し、警戒レベルが「ステージ3」相当になった場合、国にまん延防止等重点措置の適用を要請する考えを明らかにした。

 県内では感染者が再び増加傾向で、過去7日間平均の新規感染者数は69・1人でステージ2となった。一方、入院患者数や重症者数など、その他の指標はいずれも最も低いステージ1にとどまっている。

 大村知事は「今は数値的に落ち着いているがリバウンド傾向は明らか。いずれステージ3に行き着く可能性は非常に高い」と述べた。

 また、大村知事は、五輪・パラリンピック期間中は飲食店などでの観戦イベントに加え、東京や首都圏への移動を自粛するよう強く求めるメッセージを発表した。

無断転載・複製を禁じます
2222753 0 ニュース 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)