読売新聞オンライン

メニュー

新型コロナ 死者1000人突破 1001人に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県内では21日、109人の新型コロナウイルス感染が確認された。3人の死亡も明らかとなり、新型コロナによる死者数は1000人を突破し1001人となった。

 新規感染者の居住地別内訳は、名古屋市60人、豊橋市8人、岡崎市7人、瀬戸、長久手、碧南市各4人、豊田市3人、一宮、春日井、江南、刈谷市、幸田町各2人、尾張旭、小牧、犬山、北名古屋、半田、大府、西尾、豊川、蒲郡市各1人。

 クラスター(感染集団)関連では、新たにクラスター認定された豊橋市内の高校で生徒3人の感染が判明し、感染者は計14人に。碧南市の医療機関でも3人が感染した。

 また、県は20日の新規感染者93人のうち、70歳以上がいなかったことを明らかにした。今年3月15日以来約4か月ぶりで、大村秀章知事は21日の記者会見で「明らかにワクチンの効果が出ている」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2225647 0 ニュース 2021/07/22 05:00:00 2021/07/22 05:00:00 2021/07/22 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)