読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ドイツ・リトアニア紹介 五輪・パラ ホストタウンの豊橋でフェア

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ドイツやリトアニアの選手への応援メッセージを書く来場者
ドイツやリトアニアの選手への応援メッセージを書く来場者

 五輪・パラリンピックで、ドイツとリトアニアのホストタウンとなっている豊橋市で23日、両国を紹介するフェアが、同市松葉町の「こども未来館ここにこ」で始まった。

 コロナ禍のため、同市で行われる予定だったドイツのテコンドー、リトアニアのゴールボールの代表チームの事前合宿は中止されたが、両国をPRしようと予定通り開催された。

 会場には、両国の選手と競技を紹介するパネルや資料が掲示されているほか、ゴールボールやテコンドーを体験したり、両チームの選手への応援メッセージを書いたりするコーナーなどが設けられた。

 また、ドイツのソーセージや、リトアニアのミートパイ「キビナイ」なども販売されている。

 ゴールボールに挑戦した名古屋市の丸川侑大君(7)は「ボールをまっすぐに転がすことが難しいけれど、楽しかった」と話していた。

 24日午後5時まで。一部の物販、ワークショップを除き無料。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2229696 0 ニュース 2021/07/24 05:00:00 2021/07/24 05:00:00 2021/07/24 05:00:00 ドイツやリトアニアの選手を応援するメッセージを書く来場者(豊橋市で)=藤川拓生撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYTNI50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)