読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

野球 栗林良吏投手25愛西市出身 短期決戦経験生かす

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

力投に期待がかかる栗林投手
力投に期待がかかる栗林投手

 クローザーとして完璧な投球を見せた。7月31日の1次リーグ・メキシコ戦。3点リードの九回に登板し、相手の反撃を三者凡退で退けた。同28日のドミニカ共和国戦では失点していただけに、「必ずゼロで抑えて帰るぞという気持ちでマウンドに上がった」と胸を張った。

 今季、ドラフト1位で広島カープに入団し、新人ながら抑えを任され、ここまで18セーブを挙げた。その勢いを買われ、日本代表「侍ジャパン」入り。この飛躍の土台となったのが、昨季まで所属していたトヨタ自動車での日々だ。

 2019年の都市対抗大会で、決勝の先発マウンドに臨んだ。しかし、右脚内転筋を痛めており、三回限りで降板。チームも敗れた。藤原航平監督(41)からは「チームを背負って立つ時に、けがをしないことも大事だよ」と語りかけられた。

 それ以来、けが防止のトレーニングに一層、身を入れて取り組むようになった。昨年の都市対抗大会では、初戦で13三振を奪って7回2失点の力投を見せた。打線の援護がなく敗れたものの、藤原監督は「彼で負けたらしょうがないと思った。本当のエースだった」と振り返る。

 プロでの長いシーズンの戦いとは違い、五輪の短期決戦は社会人でのトーナメントの戦いに似ている。「1球の怖さを社会人で味わうことができた。その経験をしっかり生かしたい」と意気込む。

 代表入りが決まった際、トヨタ自動車の岩崎司コーチ(37)からLINEで祝福のメッセージが届くと、「頑張ります」の一言に炎の絵文字を付けて返信した。気持ちは、めらめらと燃えている。決勝トーナメントに臨む日本を力強い投球で支える。(田上幸広)

◇ 試合=2日(米国戦)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2253262 0 ニュース 2021/08/02 05:00:00 2021/08/02 05:00:00 2021/08/02 05:00:00 野球・日本代表「侍ジャパン」強化試合。日本代表5―0巨人。9回に登板し、巨人打線を三者凡退に抑えた侍ジャパンの栗林(広島)。楽天生命パーク宮城で。2021年7月26日朝刊「侍 完璧リレー Gと強化試合 岩崎→平良→栗林 方程式「いい感じ」」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210801-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)