読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「四谷の千枚田」稲刈り挑戦 鳳来寺小の5年生10人

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「四谷の千枚田」で黄金色に実った稲を刈り取る鳳来寺小の児童たち(16日、新城市で)=青木久雄撮影
「四谷の千枚田」で黄金色に実った稲を刈り取る鳳来寺小の児童たち(16日、新城市で)=青木久雄撮影

 農林水産省の「日本の棚田百選」に選ばれている新城市四谷の「四谷の千枚田」で、黄金色に輝く稲穂の刈り取り作業が行われている。

 鞍掛山の斜面に広さ3・6ヘクタール、高低差200メートルにわたって棚田420枚が広がる。鞍掛山麓千枚田保存会によると、5月に県産ブランド米「ミネアサヒ」を植え付け、8月の長雨や日照不足もあり成長が心配されたが、今月初めから収穫が始まった。

 16日には、市立鳳来寺小学校の5年生児童10人が総合学習の一環として稲刈りに挑戦し、保存会の小山舜二会長(80)らの指導を受けて、稲を鎌で刈り取り束ねていた。

 児童の一人は「たくさん実ってうれしかった」と初めての稲刈りを楽しんでいた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2375816 0 ニュース 2021/09/18 05:00:00 2021/09/18 17:08:22 2021/09/18 17:08:22 四谷の千枚田で、黄金色になった稲を刈りとる鳳来寺小の児童たち(16日午前、愛知県新城市で)=青木久雄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210917-OYTNI50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)