「BA・2」割合8割超 19~25日陽性者

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は27日、感染者の一部検体をゲノム解析した結果、感染力が強いオミクロン株の「BA・2」の割合が直近1週間(19~25日)で80・4%に達したことを明らかにした。関係者によると、名古屋市内では86・67%に上っており、大型連休前にほぼBA・2に置き換わるとみられる。

 大村秀章知事は記者会見で、「昨年は大型連休後に感染者が急増した。同じことにならないように警戒しなければならない」と述べて、感染防止対策の徹底を呼びかけた。

 また、県内では27日、新たに2642人の新型コロナウイルス感染と3人の死亡が確認された。前週より4人増え、1日当たりの新規感染者数は、4日連続で前週の同じ曜日を上回った。

     ◆◆◆

居住地別の感染者数

 27日 名古屋市1100人、豊田市181人、春日井市161人、岡崎市120人、一宮市119人、豊橋市68人、あま市53人、西尾市44人、小牧市41人、津島、安城、東海市各34人、刈谷、稲沢市各32人、高浜市31人、知多市29人、瀬戸、豊川、知立、北名古屋市各26人、大治町25人、大府、尾張旭、弥富市各24人、日進市23人、犬山市22人、豊明市21人、半田市、幸田町各20人、江南市19人、蟹江町18人、蒲郡市17人、清須市、東郷町各16人、碧南市15人、常滑市13人、愛西、みよし、長久手市各12人、岩倉市、東浦、武豊町各10人、田原市8人、新城市7人、美浜町5人、扶桑、阿久比町各4人、豊山、大口町、岐阜県各3人、飛島村2人、南知多町、三重、兵庫県各1人。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2958007 0 ニュース 2022/04/28 05:00:00 2022/04/28 05:00:00 2022/04/28 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220427-OYTNI50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)