県民割近隣7県に拡大 9日から 三重は追加調整中

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は2日、県民の県内旅行費用の一部を補助する観光支援策、いわゆる「県民割」の対象地域を近隣7県へ拡大すると発表した。

 県は、旅行または宿泊代金の半額(1人1回最大5000円)と、周辺の土産物店などでの買い物(同2000円分)を電子マネーで還付する「あいち旅eマネーキャンペーン」を9日から、旅行代金の一部(同5000円)を旅行業者に補助する「LOVEあいちキャンペーン」を19日から、それぞれ開始する。

 県内に加え、補助の対象を岐阜、静岡、長野、福井、石川、富山、新潟の7県に広げる。愛知県民が対象となった県を旅行した際、各県の県民割を受けられるようになる。三重県とも調整中で、近く対象に追加される見通しだ。

 期間はいずれも5月31日(6月1日チェックアウトを含む)まで。補助を受けるには、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種証明か陰性の検査結果通知書の提示が必要で、「旅eマネー」は2日以降、「LOVEあいち」は19日以降にそれぞれ予約・販売されたものが対象となる。

     ◆◆◆

814人感染 前週同曜日下回る

 県内では2日、新たに814人の新型コロナウイルス感染と2人の死亡が確認された。前週より172人減り、1日当たりの新規感染者数は5日連続で前週の同じ曜日を下回った。

     ◆◆◆

居住地別の感染者数

 2日 名古屋市245人、一宮市135人、岡崎市71人、豊田市59人、豊橋市44人、春日井市42人、あま市22人、稲沢市16人、西尾市14人、尾張旭市13人、豊川市12人、津島市11人、江南市9人、小牧、知多、日進、清須市各7人、北名古屋市6人、半田、安城、蒲郡、みよし市、武豊町各5人、瀬戸、東海、長久手市、大治、東浦町各4人、碧南、犬山、常滑、知立、田原、弥富市、蟹江町各3人、新城、豊明、愛西市、東郷、阿久比、幸田町各2人、刈谷、岩倉市、豊山、大口、南知多、美浜町、飛島村、岐阜、兵庫県各1人。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2970151 0 ニュース 2022/05/03 05:00:00 2022/05/03 05:00:00 2022/05/03 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220502-OYTNI50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)