• 事件、事故見逃さない

    会員限定
     来年4月、「死因究明推進基本法」が施行され、死因の特定に向けた体制が全国的に強化される。県警は例年、事件性の確認が必要な「異状死体」として、年間約1400体を調べている。医療機関や行政などとの連携強化といった体制整備が…
    記事へ

アクセスランキング

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ