車窓の景色「走る美術館」<秋田内陸縦貫鉄道>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

清流の小又川橋梁を渡る列車(阿仁前田―前田南駅間)
清流の小又川橋梁を渡る列車(阿仁前田―前田南駅間)
大又川橋梁で“空中遊泳”する観光列車「笑EMI」(萱草―笑内駅間)
大又川橋梁で“空中遊泳”する観光列車「笑EMI」(萱草―笑内駅間)
車内販売も充実している(主に急行列車)
車内販売も充実している(主に急行列車)
秋田内陸縦貫鉄道
秋田内陸縦貫鉄道
=写真=で
=写真=で

 秋田内陸縦貫鉄道(秋田内陸線)の愛称は「スマイルレール」。沿線の魅力に触れるイベント列車が名物だ。「鉄印」は路線中間の阿仁合駅でもらえる。

郷土料理に舌鼓 北秋田市の鷹巣駅から仙北市の角館駅まで全長94・2キロの29駅を2時間以上かけて結ぶ。

 伝統食材を車内で提供する「山のごちそう列車」が9月に初運行された。乗客は山菜の天ぷらやアユの唐揚げなど、郷土料理に舌鼓を打った。11月は「秋田のワイン」を味わう列車や走る農家レストラン「ごっつお玉手箱列車」が運行される。

 「しあわせの駅」の愛称を持つ阿仁合駅は大きな三角屋根の駅舎が地域のシンボルになっている。発着する列車を店内から眺められる同社直営の里山レストラン&カフェ「こぐま亭」は今夏、メニューを一新。県内産品を使った「秋田の里山マタギの笑EMI御膳」(金曜限定、税込み2800円)が人気だ。

まるで空中遊泳 水田や渓谷、山林など里山の自然の中を縫うように走り、四季折々に千変万化する車窓の景色は「走る美術館」と評される。

 ビューポイント「秋田内陸線八景」が選定されており、列車が“空中遊泳”するかのような大又川橋梁きょうりょう(萱草―笑内おかしない駅間)などにカメラが放列を作る。難読駅「笑内」は人気ロングセラー笑内饅頭まんじゅうゆかりの駅だ。無人駅・前田南駅はヒット映画「君の名は。」(2016年)のモデル駅とされ、ファンが巡礼する聖地となった。

星空を探しに 森吉山エリアの星空を探索する企画が9月から始まった。「星の降る駅」5駅での乗降を推奨している。鷹巣、阿仁合、角館の3駅では双眼鏡セットを無料で貸し出している。

 プレミアムアンバサダー相場詩織さん(29)は「列車のライトに照らされた樹木はとてもきれい。夜も内陸線の素晴らしさを実感してもらえる」といざなう。

(大館通信部 寺口信二)

 

「笑」マーク路線の象徴

 秋田内陸線の鉄印は今年1月から、運行を開始した新観光列車「笑EMI」のヘッドマークをデザインし、スマイルレールを象徴する「笑」の文字が描かれている。公式キャラクター「じゅうべぇ」「ないりっくん」のゴム印も押されている。女性アテンダントが日付を書き入れ、手渡している。

 同列車は里山の景色をダイナミックに楽しむ窓向きの「笑シート」が設けられている。県内一長い十二段トンネルで天井に光るアートが映る。車内でオリジナル弁当も味わえる。

 鉄印帳2200円、記帳代1枚300円(いずれも税込み)。阿仁合駅観光案内窓口で扱っている。問い合わせは、同社(0186・82・3231)へ。

 各地域の「鉄印帳を携えて」も読めます。

無断転載・複製を禁じます
1535605 0 鉄印帳を携えて 2020/10/10 05:00:00 2020/10/13 19:27:39 清流の小又川橋梁を渡る列車(阿仁前田ー前田南駅間) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201009-OYTAI50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ