【超神ネイガーのままいっぺけよ】<7>稲庭うどんの名店に参上! つるっとしたのどごしが最高

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 オッス。おら、超神ネイガー。コロナ禍で大変な日々が続いているけれど、みんなは夏をどうお過ごしかな。夏バテで食欲のない君も大丈夫。この季節にぴったりの秋田名物「稲庭うどん」を紹介するど。

 稲庭うどんは細くて平べったい乾麺で、つるっとしたのどごしが特長だ。香川県の「讃岐うどん」などと並ぶ日本三大うどんの一つで、その名の通り秋田県湯沢市稲庭町が発祥の地なんだ。今回は、本場のお店でおいしさのコツを取材したど。

 まず向かったのは、1860年創業の老舗・佐藤養助商店。驚いたのは今でも全ての工程を手作業でやっていることだ。生地をこねたり薄く延ばしたり、職人さんが手間暇を惜しまずうどんを作っていたな。手作りだからこそ、毎日試食をして品質を確認しているらしいど。

 一番の見所は、二つの棒に縄をなうように麺をかけて細くしていく「 手綯てな い」。8代目の佐藤正明社長も「機械とでは、コシとなめらかさが全然違う」と話していたな。スピード感あふれる作業の流れは見応えがあるから、 動画でも見てけれな

 見学の後はうどんを食べさせてもらったど。麺がしったげ(とても)つやつやしていたな。つけ汁の種類が多くて、タイカレーは比内地鶏や魚介のだしが利いていて、意外にも和食のうどんとの相性はばっちりだったな。

 もう一つの人気店・寛文五年堂では、ここでしか食べられない「生麺」と乾麺を食べ比べしたど。生麺は煮込むとだらだらになりがちな稲庭うどんを、釜揚げなどの調理方法でもおいしく食べられるように30年ほど前に開発したんだ。丸みがあってもちもちしていて、くせになるおいしさだったな。

 寛文五年堂では、従業員の女性2人が動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」で店の情報を発信しているんだ。これからもおいしいうどんが食べられるよう、稲庭の人たちにはいつまでも頑張ってもらいたいな。へばな。

(取材構成・大塚健太郎)

  超神ネイガー  活動17年目のご当地ヒーロー。ツイッターなどで秋田や農業の魅力を精力的に発信。読売新聞秋田支局「んめもの(おいしいもの)担当記者」に1月から就任。

2021年8月22日掲載 年齢肩書は当時

関連記事: 超神ネイガーのままいっぺけよ

関連動画:<1> きりたんぽ鍋 、<2> 日本酒 、<3> 幻の野菜・ふくたち 、<4> GBビジネス 、<5> 田植え 、<6> ジュンサイ 、<8> いちじくの甘露煮

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2303277 0 超神ネイガーのままいっぺけよ 2021/08/22 05:00:00 2021/11/16 20:16:26 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210821-OYTAI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)