読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

年末年始新幹線利用最少 前年比6割減 航空利用7割超減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 年末年始における県内発着の交通機関の利用状況がまとまり、新型コロナウイルスの感染拡大などで、秋田新幹線の利用者数は1997年の開業以来最も少なく、前年から6割以上減った。秋田、大館両空港発着の空の便は雪による欠航の影響もあり、前年から7割を超える利用者減となった。

 JR東日本秋田支社の発表によると、昨年12月25日~1月5日の秋田新幹線の利用状況は、上下線合わせて3万6700人で、前年同期の10万5300人の35%にとどまった。2日には県内の大雪の影響で上下線2本が運休・区間運休した。担当者は「新型コロナの感染拡大を受け、帰省や旅行を控えるお客様が多かった」としている。

 航空各社が発表した昨年12月25日~1月3日の秋田空港発着便の利用状況によると、日本航空が3610人(前年同期比75・8%減)。全日空が6792人(同73・7%減)。いずれも東京発着便の利用が最も減った。昨年12月31日と1月1日は雪で両社とも全便欠航だった。全日空の大館能代空港―東京便は1041人(同77・5%減)だった。

 日本航空の担当者は「感染拡大に加え、『Go To トラベル』の一時停止も影響した」としている。

無断転載・複製を禁じます
1756020 0 ニュース 2021/01/08 05:00:00 2021/01/08 13:24:02 2021/01/08 13:24:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)