読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

横手の中山人形指定へ 県伝統的工芸品 25年ぶり9件目

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

干支にちなんだ動物をデザインした中山人形の干支土鈴(県観光連盟提供)
干支にちなんだ動物をデザインした中山人形の干支土鈴(県観光連盟提供)

 横手市で明治時代から作り続けられている土人形「中山人形」が、県を代表する工芸品として価値を認められ、25年ぶり9件目の県伝統的工芸品として指定されることが決まった。25日に指定書が交付される予定。

 県によると、中山人形は明治時代中期、平鹿町中山地区(横手市)にあった中山窯で、現在も続く樋渡人形店の初代・樋渡ヨシさんが作り始めたとされる。赤・黄・黒の原色を効果的に使った色付けと精緻せいちな描写が特徴で、干支えとにちなんだ動物の土鈴は縁起物として毎年人気を呼んでいる。

 県伝統的工芸品の指定制度は、工芸品の社会的価値を高め、産業振興と後継者育成につなげるのを目的としている。指定を受けるには、▽おおむね100年の歴史を持つ▽伝統的な技術や技法で作られている▽手仕事である――など厳しい要件が定められており、1995~96年に指定された8件は、曲げわっぱ(大館市)やかば細工(仙北市)など、いずれも高い知名度を持っている。

 中山人形は昨年11月中旬、商工団体や学識経験者などで構成される委員会で「指定相当」とされた。県の担当者は「伝統的な技法を守って、地域を代表する工芸品として作り続けられていることが評価された」としている。

 樋渡人形店5代目で、県内唯一の職人の樋渡徹さん(62)は「私個人というよりは先祖が築き上げたことが評価されたと思う。古い人形の色付けなどを研究しながら、今後もこつこつと仕事を続けていきたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1756023 0 ニュース 2021/01/08 05:00:00 2021/01/08 13:24:26 2021/01/08 13:24:26 干支にちなんだ動物をデザインした中山人形の干支土鈴(県観光連盟提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210108-OYTNI50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)