投票率アップへ仕掛け

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

選挙割を知らせるチラシを店内に貼る渡辺さん(由利本荘市の居酒屋「マナイタ」で)
選挙割を知らせるチラシを店内に貼る渡辺さん(由利本荘市の居酒屋「マナイタ」で)

 10日投開票の参院選を前に、投票所に足を運んでもらおうという取り組みが県内で広がっている。バスやタクシーの割引券を自治体が発行したり、投票済み証明書の提示で飲み物代を割り引いたりし、投票率アップや選挙への関心を高めてもらうことを目指している。

元プロ野球選手で自民党の石井浩郎氏が3選…秋田選挙区

バスやタクシー

横手市は、投票所に向かう際のタクシーや路線バスの割引券を市民に配布した。有権者に郵送される「投票所入場券」の下部に添付しており、タクシーの乗車料金200円分か、路線バスの初乗り運賃160円分として、往復で利用できる。

 割引券は昨年4月の知事選で導入し、同10月の市長選でも実施した。1回の選挙で250~300回分の利用があったといい、市選挙管理委員会は、「車を持っていない人や運転できない人が、投票をためらうことがないように」と説明する。

 由利本荘市では、2018年度以降、段階的に実施してきた投票区の再編によって、投票所までの距離が原則3キロ以上になった地区の住民を対象に、地区と投票所を結ぶ臨時無料バスを投票日当日に運行する。対象となるのは、本荘や岩城など4地区の一部地域。8路線で午前午後の1日2便運行する。

 湯沢市も、期日前投票期間の6月23日から投開票日の7月10日まで、投票所が遠い地区の住民を対象に、無料乗り合いタクシーを運行する。運行日時は地区によって異なり、利用前日の午後5時までに提携するタクシー会社に連絡する必要がある。

飲み物1杯無料

由利本荘市中心部の居酒屋「マナイタ」は、投票した客の飲み物代を割り引く「選挙割」を実施する。

 期日前投票も含め、投票した際に投票所前で撮影した写真や、由利本荘市選挙管理委員会など一部の選管が発行する「投票済証明書」を店頭で提示すると、18~39歳はドリンク1杯目が無料(ソフトドリンク含む)、40歳以上は半額となる。投開票日の10日から24日まで。

 店主の渡辺嵩さん(35)が接客中、「選挙で誰に投票しても変わらない」という若者の会話を聞いたことがきっかけで、投票率アップを目的に21年の知事選から始めた。サービスを利用した若年層の客から「初めて投票に行った」との声が多く上がったことから、同年の衆院選でも行い、今回の参院選も継続することにした。

 期日前投票が始まっており、店頭に「投票行って 割引あるよ!」などと書かれたポスターを貼っている。渡辺さんは「選挙に参加するきっかけになればうれしい」と話す。

 国政選の県内投票率は、19年の前回参院選は56・29%で、16年参院選より4・58ポイント下がった。21年の衆院選は、戦後2番目に低い58・24%だった。

【リアルタイム更新中】参院選 開票速報
参院選 秋田選挙速報・開票結果【随時更新】
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3136635 0 ニュース 2022/07/04 05:00:00 2022/07/04 05:00:00 2022/07/04 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYTNI50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)