「コロナ」終息しますように…

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

カラフルな「アマビエ」のイラスト(22日、青森市で)
カラフルな「アマビエ」のイラスト(22日、青森市で)

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、青森市安方の県観光物産館「アスパム」1階で、疫病の流行を予言したといわれる妖怪「アマビエ」の塗り絵コーナーが設置され、家族連れに人気となっている。

 企画した県観光連盟によると、「アマビエ」は江戸時代末期、現在の熊本県で、海から現れたとされる妖怪。首から下はウロコに覆われ、くちばしのような口があり、疫病の流行を予言して「もしも流行したら私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と言ったと伝わっている。感染拡大とともに、アマビエのイラストがSNSに投稿され、話題になっていた。

 家族連れなどが、塗り絵用紙のアマビエに思い思いの色を塗り、「コロナが終息しますように」などとメッセージなどを添えていた。

 コーナーは午前9時~午後6時で、4月中旬頃まで設置されている。

無断転載禁止
1121870 0 ニュース 2020/03/23 05:00:00 2020/03/23 05:00:00 2020/03/23 05:00:00 カラフルに彩られた「アマビエ」のイラスト(22日午後3時12分、青森市で)=根本隼撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200322-OYTNI50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ