文字サイズ

    球児の一世紀

     夏の甲子園大会の前身となる「全国中等学校優勝野球大会」が1915年に始まって、今年で100年を迎える。野球王国・千葉と称賛された県勢の活躍、太平洋戦争による中断など、その時代ごとにさまざまな表情を見せてきた。10日の県大会開幕を前に、千葉県球児の1世紀を象徴的な出来事とともに振り返る。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て