巨大着ぐるみ さかなクン…館山

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イベントで使用、展示

「さかなクンギャラリー」にお目見えした巨大な3体の着ぐるみ(館山市で)=当間敏雄撮影
「さかなクンギャラリー」にお目見えした巨大な3体の着ぐるみ(館山市で)=当間敏雄撮影

 館山市の交流拠点施設「“渚の駅”たてやま」の「さかなクンギャラリー」に、同市在住のタレントで、市ふるさと大使のさかなクンやハコフグなどをモデルにした巨大な3体の着ぐるみの展示が加わり、話題となっている。

 着ぐるみはいずれも、さかなクンの所属事務所がイベントやPR動画の撮影などに使ってきた。“渚の駅”たてやまの名誉駅長を務めるさかなクンのギャラリーには、自身が描いた様々な海の生物のイラストのほか、本人が着用したジャンパーやシャツといったゆかりの品が飾られている。着ぐるみはファンに有名で、新たな呼び物にしようと今月から常設展示されることになった。

 さかなクンをロボット風にアレンジした「ギョボットくん」は高さ3メートル以上で迫力抜群。ハコフグがモデルの「ボックスくん」とホテイウオがモデルの「ボールちゃん」はともに高さ1・5メートル、幅2メートルの大きさで、展示ステージにはさかなクンが直接、かわいらしい魚のイラストとともに紹介文を書いた。

 市観光みなと課の平野守さん(34)は「楽しくて迫力があるので、ぜひ見に来て」と呼びかけている。

無断転載禁止
405761 0 ニュース 2019/01/29 05:00:00 2019/01/30 10:33:18 2019/01/30 10:33:18 さかなクンギャラリーに登場した巨大着ぐるみ3体 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190129-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ