日ハム新人選手「頑張る」 鎌ヶ谷で歓迎式典

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ファンの声援に迎えられて入場する日本ハムファイターズの新人選手たち(先頭がドラフト1位の河野投手、鎌ヶ谷市で)
ファンの声援に迎えられて入場する日本ハムファイターズの新人選手たち(先頭がドラフト1位の河野投手、鎌ヶ谷市で)

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの鎌ヶ谷市の二軍施設「ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム」で、新入団選手の歓迎式典が開かれた。昨年10月のドラフト(新人選手選択)会議で1位指名された河野竜生かわのりゅうせい投手(21)(JFE西日本)ら10人のルーキーをひと目見ようと、会場にはファン約1000人が詰めかけた。

 式典では、施設内の寮に入居し、鎌ヶ谷市民となる選手一人一人が清水聖士市長に転入届を手渡し、「頑張ります」とあいさつ。清水市長は「鎌ヶ谷の地で厳しく鍛えられ一日も早く一軍でバリバリと活躍してほしい」と激励した。

 この後、ファンとの交流会が行われ、河野投手は「新たな気持ちで新人王を目指したい」と抱負を語った。

無断転載禁止
1012064 0 ニュース 2020/01/22 05:00:00 2020/01/22 05:00:00 2020/01/22 05:00:00 ファンの声援に迎えられて入場する日本ハムファイターズの新人選たち(先頭がドラフト1位の河野投手、鎌ヶ谷市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200121-OYTNI50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ