子羊誕生続々 マザー牧場

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

子羊をバケツに入れて体重を量るスタッフ。愛らしさが来場者に人気だ(富津市のマザー牧場で)
子羊をバケツに入れて体重を量るスタッフ。愛らしさが来場者に人気だ(富津市のマザー牧場で)

 富津市田倉のマザー牧場で、羊の出産シーズンが始まった。羊舎が5月31日まで一般公開され、生まれたばかりの子羊が母親に寄り添い、母親が子羊の体をなめてきれいにする姿などを間近に見ることができる。

 同牧場では約600匹の羊を飼育。今年は今月6日に体重5・2キロの雌が誕生したのを始めに、13日正午までに計10匹が生まれた。3月末までに約40匹が誕生する見込みだ。

 羊舎では、スタッフが子羊をバケツに入れて体重を量る様子を披露するイベントも行われている=写真=。元気が良くてバケツから落ちそうになる子羊もいて、愛らしい様子が来場者に人気だ。イベントは24日までの土日祝日午後1時から15分間。22日~4月19日には子羊に触れながら記念撮影もできる。問い合わせは、同牧場(0439・37・3211)へ。

無断転載禁止
1051992 0 ニュース 2020/02/14 05:00:00 2020/02/14 05:00:00 2020/02/14 05:00:00 バケツに子羊を入れて体重を量るスタッフ。愛らしさが来場者に人気だ(富津市のマザー牧場で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200213-OYTNI50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ