読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

我孫子駅「河童音頭」響く 市制50年記念駅メロ 来月1日から

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 7月1日に市制50周年を迎える我孫子市の記念事業の一つとして、JR我孫子駅の発車メロディーが同日から、地元ゆかりの曲「河童音頭」と「あびこ市民の歌」に変更されることになった。署名を集めた県立東葛飾高校2年の織田涼佑さん(16)は「希望した2曲が実際に駅で聞けると思うと感無量」と喜んでいる。

 1番線(常磐線下り)で流れる「河童音頭」は、同市の夏祭り「あびこカッパまつり」の踊りで親しまれている。5番線(同上り)で使われる「あびこ市民の歌」は、市制10周年を記念し、シンガー・ソングライターの小椋佳さんが作った曲だ。

 子供の頃から鉄道ファンの織田さんは2018年、「ご当地メロディーで市の魅力を発信したい」と思い立ち、昨年、7567人分の署名を集め、12月に星野順一郎市長に手渡した。市は同月、JR側にご当地メロディーへの変更を求める要望書を提出した。

 織田さんは、小学生の頃からこれまでに約200駅で、発車メロディーを聞いている。今春、新型コロナウイルスの影響で高校が休校していた間も、自宅学習の合間に、好きな発車メロディーをピアノで弾いて過ごしていた。5月下旬、織田さんの希望通り、2曲が発車メロディーに採用されることを市から聞いた時は「喜びで体が震えた」という。

 2曲は来年2月末まで使われる予定だが、市は「好評なら継続的な使用をJRに要望したい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1279388 0 ニュース 2020/06/16 05:00:00 2020/06/16 05:00:00 2020/06/16 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)