川崎重工が宇宙ごみ除去 地上局公開 20年度に実証衛星

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

宇宙ごみを除去するのに活用されるアンテナ(4日、岐阜県各務原市の川崎重工業岐阜工場で)=中根新太郎撮影
宇宙ごみを除去するのに活用されるアンテナ(4日、岐阜県各務原市の川崎重工業岐阜工場で)=中根新太郎撮影

 川崎重工業は4日、宇宙空間を高速で飛び交う人工衛星やロケットの残骸などの「宇宙ごみ」を除去する事業を始めると発表した。2020年度に実証用衛星を打ち上げ、25年度から本格的に除去を始める計画だ。

 川崎重工によると、直径10センチ以上の宇宙ごみは2万個以上で、国際宇宙ステーションや人工衛星との衝突が懸念されている。とりわけ、大型で衝突するリスクが高いごみを年間5個程度、除去する必要性があるという。

 川崎重工が開発した「ごみ除去用」小型衛星は1辺60センチ・メートルの立方体で、ロケットの残骸などを捕まえ、大気圏に落として燃やす。

 この日は、岐阜工場(岐阜県各務原市)の敷地内に設置した「地上局」を報道陣に公開した。直径3・7メートルのアンテナを備え、除去衛星に指令を送る。

 記者会見した久保田伸幸・宇宙システム設計部長は「どれだけ低コストでごみを除去できるかが事業のカギを握る」と説明した。

 川崎重工は国産ロケットの衛星フェアリング(カバー)を製造しており、宇宙事業の売上高は年間約50億円。今後はごみ除去など宇宙事業の多角化を進め、25年に倍増の100億円を目指す。

無断転載禁止
829490 0 東海経済 2019/10/05 05:00:00 2019/10/05 05:00:00 2019/10/05 05:00:00 報道陣に公開された宇宙ごみ除去衛星の地上局パラボラアンテナ(4日、岐阜県各務原市の川崎重工業で)=中根新太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191004-OYTAI50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ