トヨタ取締役にカフナー氏起用 ルロワ氏は退任

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トヨタの新取締役に就任予定のジェームス・カフナー氏

 トヨタ自動車は25日、自動運転技術の研究開発を行う子会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント」のジェームス・カフナー最高経営責任者=写真=を、取締役に起用すると発表した。6月に開催予定の株主総会で正式に決定する。

 ディディエ・ルロワ取締役副社長は退任する。

 ルロワ氏は、2019年3月期の役員報酬が、豊田章男社長の約2・7倍にあたる10億4200万円だったことで知られる。4月1日付で副社長を退任し、6月の株主総会で取締役からも外れる。

無断転載禁止
1128727 0 東海経済 2020/03/26 05:00:00 2020/03/26 12:19:11 2020/03/26 12:19:11 自動運転技術を開発するトヨタ自動車の研究開発子会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI―AD)」のジェームス・カフナー社長兼最高経営責任者(CEO)。東京都中央区で。2019年7月25日撮影。◇1971年生まれ。ニューヨーク出身。99年、米スタンフォード大で博士号取得後、東大でロボット研究に取り組む。2009~16年、グーグルで自動運転開発に携わった。16年、トヨタの人工知能研究子会社、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)の技術トップに就任。18年から現職。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200325-OYTAI50011-T-e1585191705932.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ