読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「中部圏に大きな影響」 経済4団体年頭会見 緊急事態宣言

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中部経済4団体の年頭記者会見が7日、名古屋市内で開かれた。新型コロナウイルスの感染再拡大のため、首都圏の1都3県に緊急事態宣言が同日出されたことについて、各団体トップは「これ以上の拡大を食い止めるためやむを得ない」「非常に重い」と厳しく受け止めた。景気回復の遅れや再低迷を警戒する声も相次いだ。

 名古屋商工会議所の山本亜土会頭は「愛知県がどう(緊急事態宣言と)連動するのか、中部圏に大きな影響が出てくると覚悟している。特に中小企業は疲弊しており、支援策が必要だ」と訴えた。

 愛知県経営者協会の加藤宣明会長は「(景気の)下押し圧力が一段と強まる。小さな会社の支援をしていきたい」と語った。

 政府に対しては、中部経済連合会の水野明久会長が「飲食、観光の打撃は大きく、手厚い支援をしてほしい」、中部経済同友会の盛田淳夫代表幹事は「臨機応変にスピード感のある政策を」と注文した。

 今年の経済見通しについては、山本氏は「そんなに簡単には戻っては来ない。緩やかな回復しかできないのではないか」、水野氏は「中部の景気はまだら模様だ。再び低迷していく恐れがある」と指摘した。

 加藤氏は「企業間、産業間の人材の移動の橋渡しを促進する必要がある」と提言、盛田氏は、感染収束後(ポストコロナ)をにらみ、名古屋大との連携プロジェクトをスタートさせる考えを明らかにした。

無断転載・複製を禁じます
1754814 0 東海経済 2021/01/08 05:00:00 2021/01/08 05:00:00 2021/01/08 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)