読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

林社長インタビュー

中電も「CO2ゼロ」 50年目標

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

インタビューに答える中部電力の林欣吾社長(名古屋市東区の中電本店で)
インタビューに答える中部電力の林欣吾社長(名古屋市東区の中電本店で)

 中部電力の林欣吾社長は読売新聞のインタビューで、2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする政府の目標について、中電も50年に実質ゼロを目指す考えを明らかにした。3月末までに、実現プロセスや指標などを盛り込んだ実行計画を発表する予定という。

 「脱炭素」を巡っては、中電と東京電力ホールディングスが折半出資する発電会社「JERA(ジェラ)」が昨年10月、国内外の事業で排出される二酸化炭素(CO2)を50年に実質的にゼロとする目標を発表。菅首相はその後に、政府目標を発表した。

 林社長は政府目標を「待ったなしの課題。非常にチャレンジングだが、ビジネスチャンスだと思って取り組むべきだ」と評価した。

 その上で、「50年に向けて、どういう時間軸で、どういう目標値を定量的に置くかを検討している」と述べ、今年度中に実行計画をとりまとめる考えを示した。

 政府目標を達成する課題としては、再生可能エネルギーやCO2を排出しない火力発電の技術開発とともに原子力発電の有効活用を挙げ、「現実的な選択肢をミックスさせていくことが大事だ」と指摘した。

無断転載・複製を禁じます
1765459 0 東海経済 2021/01/13 05:00:00 2021/01/13 05:00:00 2021/01/13 05:00:00 インタビューに答える中部電力の林欣吾社長(12月7日午後3時28分、名古屋市東区の中部電力で)=佐野寛貴撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210112-OYTAI50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)