読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

フォークリフト進化加速 運転支援や自動化 事故減期待

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

豊田自動織機のフォークリフト運転支援システム「SEnS+(センスプラス)」の実演。後退時に人と物を見分けて車速を制限する
豊田自動織機のフォークリフト運転支援システム「SEnS+(センスプラス)」の実演。後退時に人と物を見分けて車速を制限する

 豊田自動織機が、運転の支援や自動化といったフォークリフトの技術開発を加速させている。慢性的な人手不足に加え、コロナ禍の巣ごもり需要で荷物量が急増し、運転手の負担が増していることが背景にある。高止まりする作業事故の減少につながる期待がある。(牧志朝英)

■危険度3段階 豊田織機は、後退することが多いフォークリフト後方の作業者を検知し、走行を自動制御する運転支援システム「SEnS+(センスプラス)」を開発し、8月下旬に発売した。人と物を見分けつつ、速度を制限する機能は業界初だ。

 車両後方の屋根に取り付けたステレオカメラが奥行き約10メートル、角度130度の範囲で障害物を検知する。車両の速度や進行方向、障害物との距離に応じて危険度を3段階のレベルで判断。警告音を鳴らす頻度を変えて運転手に減速を促す。

 人に近づくと、モーターの動力を自動で遮断して減速する。急減速で荷崩れしないよう、「ブレーキではなくモーター制御による緩やかな減速を重視した」(開発担当の藤田良平部長)という。

 狭い場所でも効率が落ちないよう、進行方向に障害物がなければ不要に発進を制限しない工夫も凝らした。

 新システムは国内向けの小型電動フォークリフト「Ecore(エコア)」にオプション設定した。価格は65万7800円(税込み)。来年以降、海外販売も含め対応車種を広げる。

■レベル4相当 将来を見据え、「自動運転フォークリフト」の開発も進めている。

 今年度中に、自動運転フォークリフトを使い、物流を効率化する実証実験を始める。大和ハウス工業やイオンの物流子会社など4社と共同で2024年3月まで行う。

 これに先立ち、今年6月には、高浜工場(愛知県高浜市)で自動運転「レベル4」相当の試験運転を行った。

 試作車は、高精度カメラと、レーザー光で物体を立体的に捉えるセンサー「3Dライダー」を備え、荷物の大きさや形、向きを確認。パレット(荷台)の穴に2本の「フォーク」を差し込んで持ち上げた。

 荷物の移動ルートはあらかじめ指示されており、無人でもハンドルがくるくると回りながら、所定の位置まで運ぶ。

 ただ、フォークの正確な差し込みなど技術の確立には、人間さながら「『誤差2センチ以下』の高い精度」(開発担当者)が必要だ。試作車はまだ速度が出せないため、作業時間は有人の2、3倍かかる。10トントラック1台分の荷物を運び出す時間を、人並みの約15分にすることが目標だ。

■事故高止まり 豊田織機は1956年にフォークリフトの生産を開始し、現在は世界シェア(占有率)トップに立つが、走行中の安全確保は長年の課題だ。独自システム「SAS」を開発するなど半世紀以上にわたって技術向上に取り組んできた。

 フォークリフトは一度にたくさんの荷物を積むと、運転手は前方が見えにくくなるため後退して移動する場合が多い。左右の死角が生まれやすく、車両と人や物との接触事故は後を絶たない。

 厚生労働省によると、フォークリフトに関連した死傷者事故の件数は、ここ10年2000件前後で高止まりしている。20年の死亡事故は、前年比11件増の31件と3年ぶりに増加に転じた。豊田織機は「現場の人手不足で女性や高齢者ら経験の浅い運転手が増えていることも事故の背景にある」とみている。

 コロナ禍の巣ごもり需要で、倉庫の物流量は増加傾向にある。藤田氏は「コロナ禍で1人当たりの負担は増した。新技術で少しでも事故を減らしたい」と話している。

SAS 「System of Active Safety」の略。1998年に開発した。通常のフォークリフトが急旋回すると、車体が傾いて転倒の恐れがあるが、SASは車体と後輪の軸をシリンダーで強く固定して車体を垂直に保つことで、転倒を防ぎやすくする。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2372260 0 東海けいざい・断面 2021/09/17 05:00:00 2021/09/17 05:00:00 2021/09/17 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210916-OYTAI50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)