トヨタなど5社連携 脱炭素技術レースで磨く 水素エンジン出力向上 100%バイオ由来燃料

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

性能を大幅に向上させた水素エンジン車(14日、岡山県美作市で)
性能を大幅に向上させた水素エンジン車(14日、岡山県美作市で)

 トヨタ自動車が開発を進める水素エンジン車が13~14日、岡山県で行われた耐久レースに出場した。今後も、バイオ燃料や水素エンジンの開発など、レースを通じて、内燃機関を活用した脱炭素技術を磨いていくため、他メーカーとの連携を加速させる。(香取直武)

「ミライ」の技術を活用してトヨタが製作した水素タンク(14日)
「ミライ」の技術を活用してトヨタが製作した水素タンク(14日)

 水素エンジン車として今年最後のレース前に行われた記者会見には、トヨタの豊田章男社長のほか、マツダ、SUBARU(スバル)、川崎重工業、ヤマハ発動機の4社長がずらりと並んだ。「モリゾウ」としてレースに出場した豊田社長は冒頭、「日本自動車工業会の会見をやっているよう」と笑いを誘い、「モータースポーツで、未完成な技術でトライする。皆さんが見ている競争状態で開発する」と力を込めた。

 具体的には、トヨタとスバルは、バイオマス由来の合成燃料を使う車両を来季の「スーパー耐久」(全7戦)に新たに投入する。共同開発したスポーツカー、トヨタ「GR86(ハチロク)」、スバル「BRZ」をベースに開発する。スバルの中村知美社長は「(脱炭素の実現は)電気自動車(EV)だけでなく、内燃機関を活用した道にチャレンジしたい」とし、「レースは(トヨタと)ガチンコ勝負」と語気を強めた。

 マツダは今回、使用済み食用油や微細藻類の油脂を原料とした100%バイオ由来のディーゼル燃料で参戦。ミドリムシを使った健康食品を手がけるユーグレナから供給を受けた。マツダの丸本明社長は「カーボン・ニュートラル社会の実現は、燃料を含めた様々な選択肢を提供することが非常に重要だ」と話した。来季は全戦に参戦する方針だ。

■二輪メーカーも開発 国内の4大二輪車メーカーはそろって水素エンジン車の開発に動き出した。

 川重とヤマハは、水素エンジンの共同研究を検討する。ホンダとスズキもこの共同研究に参加する方針だ。二輪車の燃料タンクのスペースは限られているため、「ハードルは車より高い」(ヤマハの日高祥博社長)という。開発には巨額の資金が必要になるとみられる。

 ヤマハは2016年から、トヨタの水素エンジンについて、試作や耐久試験などでサポートしてきた。日高社長は「電動化もやるが、内燃機関の可能性にもチャレンジする」と強調した。川重の橋本康彦社長も「得意分野、基本的な技術を共有し、水素という解決策を使って開発していく」と話した。

(後列左から)マツダの丸本明社長、スバルの中村知美社長、トヨタの豊田章男社長、ヤマハの日高祥博社長、川重の橋本康彦社長(13日)
(後列左から)マツダの丸本明社長、スバルの中村知美社長、トヨタの豊田章男社長、ヤマハの日高祥博社長、川重の橋本康彦社長(13日)

■樹脂製タンク 4戦目となったトヨタの水素エンジン車は、5月の初戦から出力を約20%、トルクを約30%向上させ、ガソリンエンジン以上の性能を実現させた。通常、出力を上げると燃費は低下するが、初戦と同等水準を維持できたという。

 来季も出場を続けるのに加え、レース場までの水素運搬にも工夫を重ねる。燃料電池車(FCV)「ミライ」で使われている樹脂製タンクをFCトラックで運ぶ予定で、一度に運べる水素量は、従来の金属製タンクに比べて5倍超に増やせる見込みだという。

 自動車業界は世界的な脱炭素化の流れを受け、内燃機関を使わないEVやFCVの開発を進めている。一方、水素エンジンやバイオ燃料は、長年培ってきた内燃機関を活用できるため、関連する雇用維持も期待できる。5社が連携を強化するのは、レースという過酷な走行を通じ、脱炭素化の選択肢を広げるためだ。

 豊田社長は4戦を通じて、水素を作る、運ぶ、使うという局面に応じた「仲間づくり」をテーマに掲げてきた。レース終了後、報道陣に対し、「こんなに仲間が増えるとは想像していなかった。これが日本の強さだと思った」と振り返った。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2525785 0 東海けいざい・断面 2021/11/17 05:00:00 2021/11/17 05:00:00 2021/11/17 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211116-OYTAI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)