ずばり逸品

  • 名物駅弁鶏尽くし 味は濃いめの名古屋風

    会員限定
     「味つけ御飯の上に、さらりとした鶏と卵のそぼろが二色にのっていて」 小松左京作「首都消失」(徳間文庫版)の冒頭、名古屋駅から新幹線に乗った主人公が買ったお気に入りの駅弁が松浦商店の「とり御飯弁当」だった。「新幹線の駅で…
    記事へ

アクセスランキング

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ