読売新聞オンライン

メニュー

東邦ガス 「CO2ゼロ」ガス供給 来月から デンソーなど6社に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東邦ガスは20日、二酸化炭素(CO2)を排出しないとみなす都市ガスを8月から供給すると発表した。原料の液化天然ガス(LNG)について、採掘から消費までに発生するCO2排出量を、植林や環境保全などで計算上ゼロにする「カーボンニュートラルLNG」を扱う。

 デンソー、東海理化、日本ガイシ、NGKセラミックデバイス、昭和電線ホールディングス、大日本住友製薬の計6社に同LNGのガスを供給することで合意した。

 6社がこのガスを扱うことで、2021年8月~26年9月で計約20万トンのCO2削減につながるという。料金は従来の都市ガスより高くなるとみられる。

 東邦ガスはLNGに代わり、水素とCO2からガスの主成分となる合成メタンを作り出す次世代技術の開発も進める。カーボンニュートラルLNGの導入と合わせ、CO2削減を加速させる。

無断転載・複製を禁じます
2222579 0 東海けいざい一般記事 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)