読売新聞オンライン

メニュー
5社連合

軽商用にも電動化技術 物流効率化促進

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

オンラインで記者会見する(左から)トヨタの豊田章男社長、ダイハツの奥平総一郎社長、スズキの鈴木俊宏社長、CJPTの中嶋裕樹社長
オンラインで記者会見する(左から)トヨタの豊田章男社長、ダイハツの奥平総一郎社長、スズキの鈴木俊宏社長、CJPTの中嶋裕樹社長

 トヨタ自動車、いすゞ自動車、日野自動車の「商用車連合」に、スズキ、ダイハツ工業が合流した。大型商用車から軽商用車までを網羅する「一気通貫」の体制で電動化や自動運転などのCASE技術の開発を進め、物流効率化や脱炭素化の実現を目指す。

 「軽自動車こそ日本の国民車。スズキとダイハツは使命感と生活者目線で、その歴史と文化をつないできた。大変、尊敬している」。トヨタの豊田章男社長は、オンラインで開かれた記者会見で、軽自動車メーカー2社の合流を歓迎した。

 協業の軸となるのが、トヨタがいすゞ、日野と4月に設立した「コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ(CJPT)」だ。具体的には、インターネットに常時つながる「コネクティッド技術」を活用した物流効率化、安全技術の普及、軽自動車の電動化に向けた技術開発――の三つを目標に掲げた。

 CJPTは、いすゞや日野の顧客である運送会社の走行データを共有し、分析することで、最適な配送ルートや人員の配置に役立てるサービスなどを検討している。両社が大型トラックを得意とするのに対し、新たに参加したスズキとダイハツは軽トラックやバンなどの軽商用車が中心だ。

 ダイハツの奥平総一郎社長によると、国内の物流事業者は約6万社あり、そのうち7割程度は、従業員数20人以下の小規模か、個人事業者だという。ダイハツやスズキの軽商用車を利用するのはこうした事業者が多く、奥平氏は「(配送の最終ルートにあたる)ラストワンマイルを担う顧客の声を吸い上げ、物流全体の効率化を目指したい」と意気込んだ。

 軽自動車メーカーにとって、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの電動化は大きな課題だ。価格の安さで親しまれている軽自動車のコストアップに直結するからだ。HVに代表されるように、トヨタは優れた電動化技術を持つ。

 奥平社長は「軽にふさわしい電動化の実現などの大きなシナジー(相乗効果)が生み出せると確信している」と話した。スズキの鈴木俊宏社長も「求めやすい価格でカーボンニュートラルに貢献できる軽自動車を市場に送り出すのが我々の使命だ」とし、「商用車で開発した(電動化の)技術を軽乗用車にも広げていきたい」と話した。

 CJPTは既に動き出している。福島県いわき市と郡山市で、水素で走る燃料電池(FC)トラックをコンビニエンスストアやスーパーへの配送に導入する準備を進めている。セブン―イレブン・ジャパンやイオンなど流通大手が参加する。いすゞと日野が開発する小型FCトラック数十台を導入し、2022年内にスタートする見通しだ。

 いすゞ、日野は6月、トヨタの子会社「ウーブン・プラネット・ホールディングス」と共同で、車両からデータを収集して道路環境に関する情報を更新する高精度地図システムの活用も進めると発表した。

 CJPTの中嶋裕樹社長は、スズキ、ダイハツが軽乗用車の開発で培ったコスト低減のノウハウを念頭に、「軽という限られたスペースで良品廉価なものづくりにたけている。商用車でもシナジーを最大化させたい」と述べた。

社長記者会見主な内容

 オンライン記者会見での主な発言は以下の通り。

 ――軽自動車への思いは。

 トヨタ・豊田社長「生活や仕事を支える重要なライフラインだ。これを守り発展させることが、自動車産業の使命だ」

 ――協業における軽自動車の位置付けは。

 ダイハツ・奥平社長「軽商用車のコネクティッド(インターネットにつながる)技術は、スマートフォンに頼っている。トラックが担う物流の『大動脈』から小口配送の『毛細血管』を一気通貫でつなげたい」

 ――商用車に重きを置く理由は。

 スズキ・鈴木社長「商用車は、使用者の困りごとが分かりやすい。商用車の電動化や先進安全、コネクティッドの開発で良いものができれば、乗用車にも展開できる」

 ――軽自動車メーカーへの期待は。

 CJPT・中嶋社長「安価で、既存の車でも使いやすい技術やサービスを提供するため、両社が得意とする良品廉価なものづくりに期待する。物流が効率化できればタイムリーに物が届くようになり、全体の走行距離も短くなって二酸化炭素排出量の削減にもつながる」

無断転載・複製を禁じます
2225726 0 東海けいざい一般記事 2021/07/22 05:00:00 2021/07/22 05:00:00 オンラインで記者会見する(左から)トヨタの豊田章男社長、ダイハツの奥平総一郎社長、スズキの鈴木俊宏社長、CJPTの中嶋裕樹社長 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210721-OYTAI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)