丸栄跡地新施設 丸栄屋号復活も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 名古屋・栄の百貨店「丸栄」跡地に建設中の新商業施設の名称に、丸栄の屋号復活も候補の一つとなっていることが分かった。

 再開発は丸栄の親会社である興和が行う。28日に名古屋市で行われた住民説明会で、参加者から「丸栄は由緒ある名(屋号)。店名に残るのか」との質問が出ると、運営企業の担当者は「(丸栄は)候補に入っている」と述べた。

 2018年に閉店した丸栄は400年の歴史があり、名古屋市民に親しまれてきた。

 3階建ての新施設には40店以上を誘致。1~2階は物販店街、3階はレストラン街になる見通しだ。開業は11月を予定していたが、コロナ禍の影響で、来年3月29日にさらに先送りされた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2404906 0 東海けいざい一般記事 2021/09/30 05:00:00 2021/09/30 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)