レジャック、来年3月閉館

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

名駅周辺再開発の一環か

来年3月末での閉館が決まった名鉄レジャック(名古屋市中村区で)
来年3月末での閉館が決まった名鉄レジャック(名古屋市中村区で)

 名古屋鉄道の子会社で商業施設を運営する「メルサ」は30日、名古屋駅前のレジャービル「名鉄レジャック」を来年3月末に閉館すると発表した。ビルの老朽化と、土地・建物を所有する名鉄との賃貸借契約の期限を迎えるためという。

 名鉄レジャックは1972年設立。地上8階、地下2階建てで、ボウリング場のほか、居酒屋やサウナなどのテナントが入っている。

 レジャックのある名駅周辺では、名鉄と近鉄グループホールディングス(GHD)、三井不動産、日本生命保険の4社が大規模開発を計画している。

 当初の計画では、商業施設やホテルなどが入る巨大ビルの2027年度の開業を目指し、22年度の建設着工を予定していた。しかし、コロナ禍の影響で事業環境が激変したことや、JR東海が目指すリニア中央新幹線の27年開業が遅れる見通しとなったことなどから、着工時期が延期されている。

 4社は24年度をメドに、再開発の計画を改めて示す方針を示しており、レジャックの閉館は、再開発の一環とみられる。

 名鉄は、レジャックの解体時期は未定としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3128522 0 東海けいざい一般記事 2022/07/01 05:00:00 2022/07/01 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYTAI50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)