新型「ひだ」出発進行! 飛騨高山旅行回復に期待

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型車両「HC85系」を初めて導入した「特急ひだ1号」の出発式(1日、JR名古屋駅で)
新型車両「HC85系」を初めて導入した「特急ひだ1号」の出発式(1日、JR名古屋駅で)

 JR東海は1日、在来線特急「ひだ」に新型車両「HC85系」を導入し、名古屋駅で出発式を行った。

桃太郎伝説が残る山

 午前7時43分、榊原篤・名古屋駅長が「特急ひだ1号」の出発合図を行い、ホームに集まった大勢の鉄道ファンらが写真を撮ったり、見送ったりしていた。

 金子慎社長は「(「ひだ」が向かう)飛騨高山方面の旅行はずっと落ち込んでいたが、HC85系(導入)を契機に、たくさんのお客様に旅行を楽しんでほしい」と話した。

 HC85系は、JR東海が「ひだ」に約33年ぶりに投入した新型特急車両で、同社で初めてハイブリッド方式を採用した。従来車両よりも燃費性能を35%向上させ、車台の改良などでエンジン音や揺れの低減を図った。

 HC85系は、名古屋―高山間の上下線4本で営業運転し、将来的には在来線特急「南紀」への導入も予定している。

全国の旅行・観光関連ニュースはこちらから
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3132183 0 東海けいざい一般記事 2022/07/02 05:00:00 2022/07/02 08:03:30 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220701-OYTAI50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)