湯船11種 癒やし求め

飯高駅(三重県松阪市)

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

自慢の天然温泉

山あいにある「飯高駅」。三重県で最初に登録された道の駅だ(三重県松阪市で)=尾賀聡撮影
山あいにある「飯高駅」。三重県で最初に登録された道の駅だ(三重県松阪市で)=尾賀聡撮影
自慢の温泉施設。様々な種類の風呂から眺望が楽しめる
自慢の温泉施設。様々な種類の風呂から眺望が楽しめる

 三重県松阪市中心部から西に約30キロ。緑の山々と清流・櫛田川に挟まれた谷筋を走る国道166号沿いにある。

 地元の特産品販売所として1990年に開業し、93年、全国103施設とともに、三重県で最初の道の駅として登録された。近くに鉄道が走っていないのに、登録前から駅を名乗っているのは、奈良時代に敷かれた「駅制」に由来する。

 一番の売りは、県内の道の駅ではここにしかない天然温泉だ。古くから鉱泉が湧いていたという付近の河原で源泉を掘り当て、2004年に温浴施設とレストランを増設した。

 泉質はナトリウム―塩化物・炭酸水素塩泉で、泉温は17・7度。加熱はしているが、入浴後も温かさが持続するのが特徴。11種類の湯船につかりながら、櫛田川の眺望を楽しめるとあって、癒やしを求めて訪れるリピーターが多い。

人気の特産品

特産品販売所には地元産のお茶などがずらりと並ぶ
特産品販売所には地元産のお茶などがずらりと並ぶ
人気商品の「とっと き焼きねぎ地味噌」
人気商品の「とっと き焼きねぎ地味噌」

 新鮮な農産物や土産物が並ぶ特産品販売所には、年間1万2000個も売れる人気商品がある。オリジナルの「とっとき焼きねぎ 味噌みそ 」(税込み550円)だ。

 飯高地区に伝わるとっとき(とっておき)みそに、焼きネギと青唐辛子などを混ぜたもので、ピリ辛の味は、ご飯のお供にも酒の さかな にもなる。ホームページから買い求める人も多く、田中正一駅長(58)が「特産品になればと開発したが、これほど売れるとは思っていなかった」と驚くほどだ。

 松阪名物といえば、言わずと知れた牛肉。レストランでは最高級のA5ランクの松阪牛が味わえる。看板メニューは、すき焼き風の濃厚な味わいの松阪牛丼(税込み1680円)だが、ほかにも、3か月ごとに内容が替わる季節の定食(同1360円)、天然鹿肉のもみじカレー(同1280円)、 しし 肉のぼたん鍋(同1570円)など、豊富なメニューで客を飽きさせない。

豊かな自然

飯高駅ではツバメの子育ても見守り続けている
飯高駅ではツバメの子育ても見守り続けている

 今年6月、日本野鳥の会から感謝状が贈られた。駅には毎年、多数のツバメが巣を架けるが、ひながカラスなどに襲われないようにと、開業以来、職員が見守りを続けてきたことが評価された。山あいの道の駅ならではの、自然との共生を示すエピソードだ。

 駅は、櫛田川の中・上流域の魅力を発信する拠点としての顔も持っている。

 近くの泰運寺は紅葉の名所で、11月上旬が見頃。台高の山々を巡る「まつさか香肌イレブン」登山や、櫛田川でのカヌー体験、大岩をくりぬいた「 珍布めずらし 峠」を歩く歴史街道ウォークなどの際に立ち寄る人も多く、駅では各種の観光マップを提供したり、自転車を無料で貸し出したりもしている。過疎地のにぎわいづくりにも、この駅が一役買っているのだ。(松永成勝)

【住所】三重県松阪市飯高町宮前177

【電話】0598・46・1111

【営業時間】販売所は午前9時~午後6時、温泉は午前10時~午後8時、レストランは午前11時~午後7時

【駐車場・アクセス】一般110台、障害者用4台、大型用8台、2輪28台。紀勢自動車道・勢和多気ICから約30分、伊勢自動車道・松阪ICから約40分。

※営業時間やイベント開催などは変更になることがあります。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2429359 0 ぶらっと道の駅 2021/10/08 05:00:00 2021/10/08 15:39:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211008-OYTAI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)