旬のキス 入れ食い

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

釣ったばかりのキスはキラキラ
釣ったばかりのキスはキラキラ

 5月上旬に三重県尾鷲市の尾鷲湾で今が旬のキス釣りをしました。朝6時に天満浦を出港して、15分ほど船で出たところで釣りをスタート。

 この日は餌釣りということで、餌のゴカイをつけて底まで落としていきます。キス釣りは底をしっかり取って釣っていきます。おもりが底についている感覚を感じることが大切です。

 潮の流れによって、おもりが流されていったら糸を出して底を取り直したり、少しさおを上下させたりしながら、あたりが来るのを待ちます。そしてあたりを感じたらさおを立てて合わせ(獲物の口などに針をしっかり掛けること)をします。

 15センチほどの小さいキスのあたりを感じ取れるかなーと思っていましたが、ブルブル!というような振動を感じて、開始15分ほどで1匹目を釣ることができました。その後も少しずつポイント移動をしながら、順調に釣っていくことができました。

 キスは20~30匹の群れで行動しているため、1匹ヒットするとその場所で入れ食い状態でどんどん釣れます。釣り初心者でも釣れるタイミングが来たら簡単に釣ることができるので、楽しく釣りのできる魚種の一つなのではないかなーと思いました。

 そして水面から上がってきたキスはとてもきれいでキラキラと光っているように見えました。

天ぷらは抹茶塩でいただいた
天ぷらは抹茶塩でいただいた

 4時間ほど3人で釣りをして、計50匹くらい釣ることができました。家に帰ってさばいて天ぷらにして食べました。ふわふわで甘みのあるキスがとてもおいしかったです。今後も旬の魚を狙って釣りに行っておいしくいただきたいなと思いました。

(池山智瑛ちあき・第12代アングラーズアイドル、名古屋市出身)

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2119287 0 ちあきのゆるふわ釣行 2021/06/04 05:00:00 2021/06/12 12:58:49 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210612-OYTAI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)