みやびに秋味わって

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 朝夕の風に秋の涼しさを感じるこのごろ、みなさまはどんなところで秋を感じましたか? 「2021 Miss SAKE」松崎 未侑みゆ です。今回は「秋の日本酒」をテーマにお送りします。キーワードは三つ。ひやおろし、菊酒、お祝いです。

ひやおろし

マツタケなど香り高い秋の味覚には「ひやおろし」を
マツタケなど香り高い秋の味覚には「ひやおろし」を

 食欲の秋。おいしいご飯にはもちろん、おいしいお酒が付きものです。

 秋が旬の日本酒といえば、「ひやおろし」。ひやおろしは、春頃に搾られた日本酒を一夏寝かせ、外気が「ひやり」とした酒蔵の温度と同じくらいになった秋に「卸される」情緒豊かな日本酒です。秋に目覚めたひやおろしは熟成が進み、まろやかで深みのある味わいが特長。マツタケやサンマの塩焼きなど、秋の香り高い さかな をしっかりと支える、 うま みのある日本酒に仕上がります。

 みなさまにオススメしたいのは、秋季限定酒の「 蓬莱泉ほうらいせん  特別純米  夢筺ゆめこばこ 」です。愛知県設楽町に蔵を構える「関谷醸造」のこちらのお酒、実はトンネルの中で熟成されています。自然の冷気の中で育まれた味わいを、秋の味覚とともにお楽しみください。

菊酒

松崎さんが菊酒にオススメする原田酒造の「特別純米 衣が浦 若水 ひやおろし」
松崎さんが菊酒にオススメする原田酒造の「特別純米 衣が浦 若水 ひやおろし」

 秋こそ旬のひやおろしをもっと楽しんでいただくために、もう一本ご紹介します。製造する日本酒が名古屋市でのG20外相会合(2019年)の夕食会に提供された「原田酒造」(愛知県東浦町)の「特別純米  ころもうら   若水わかみず  ひやおろし」です。秋限定の純米原酒で、とっておきの飲み方はズバリ、菊酒!

 旧暦の9月9日は「重陽の節句」。この日には 厄除やくよ けや長寿を祈願して、古来、薬草としても用いられていた菊の花を、日本酒に浮かべていただく風習があります。

 そんな菊酒には、香り穏やかな原酒がオススメ! 香水にアルコールが使われているように、アルコールには香りをうつす効果があります。度数の高い原酒「衣が浦 若水 ひやおろし」で、菊の香りを存分に楽しみながら、みやびに秋を味わってみませんか。

お祝い

北口さんが「お祝い事に」と推奨する、タカハシ酒造の「伊勢の白酒」
北口さんが「お祝い事に」と推奨する、タカハシ酒造の「伊勢の白酒」

 最後に、余談ですが、9月は私の誕生月! お祝いにはやはり、華やかに気分を上げてスパークリングで乾杯をしたい。

 そんな私に、「めでたい場にはもってこいの日本酒があるよ」と、「2021 Miss SAKE」三重代表の北口 明香里あかり さん(三重県鈴鹿市出身)が教えてくれました。「タカハシ酒造」(同県四日市市)の「伊勢の 白酒しろき 」です。伊勢神宮のお神酒を醸していた際の製法を応用して造られたうすにごり酒は、 柑橘かんきつ 系の香りがして、シャンパンのようなのど越しです。爽やかに、華やかに♪ 一年の健康と幸せを願うのにはぴったりですね!

 このほか、特別なスパークリング日本酒に「awa酒」があります。一般社団法人awa酒協会(東京都)が、〈1〉国産米を100%使用〈2〉自然発酵による炭酸ガスのみを含有〈3〉透明〈4〉アルコール分が10度以上――などの基準を満たした酒を、独自に「awa酒」と認定したものです。みなさんもお祝い事にはawa酒をお試しください。

 ひやおろしやawa酒は、他にもたくさんの酒蔵が販売しています。ぜひ、お近くのスーパーマーケットや酒屋さんをのぞいてみてください。

 【Miss SAKE】一般社団法人ミス日本酒(東京都)が2013年から開催しているコンテスト。受賞者は、日本酒や日本文化の魅力を国内外に発信する親善大使を務める。2021年のグランプリに選ばれたのは、本欄の語り手の愛知県立大4年松崎未侑さん(愛知県半田市出身)。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2357883 0 日本酒探Q Miss SAKEのオススメ 2021/09/11 05:00:00 2021/09/11 12:55:38 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210910-OYTAI50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)