聖夜の食卓 彩る1杯

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ジングルベール、ジングルベール♪ 今年もこの歌が街にあふれる季節がやってまいりました。「2021 Miss SAKE」の愛知県立大4年松崎 未侑みゆ (愛知県半田市出身)と、「2021 Mr SAKE」の大阪歯科大5年富沢武士が、少しオトナなクリスマスを彩る、とっておきの日本酒を紹介いたします。コロナ禍で直接会えない大切な人とも、リモートで乾杯をしてみては。

リモートで乾杯!
リモートで乾杯!
「メリークリスマス」。日本酒で祝う松崎さん(左)と富沢さん
「メリークリスマス」。日本酒で祝う松崎さん(左)と富沢さん

乾杯と前菜に

 お祝いはスパークリングで華やかに!

 スパークリング日本酒は過去の紙面でも紹介していますが、クリスマスの華やかな食卓を演出するなら、関谷醸造(愛知県設楽町)が造る一風変わったピンク色の「 蓬莱泉ほうらいせん  ロゼ スパークリング」がオススメ。

 「日本酒がピンク色!?」と驚かれる方も多いでしょうが、色の秘密は原料の赤米。着色料ではなく、赤米のポリフェノール色素から自然な桃色が出るのです。ロゼ日本酒が、みやびにテーブルを彩ってくれること間違いなしです。

 シャンパンと同じ「瓶内二次発酵」製法で造られているため、乾杯にはもちろんですが、ほのかな甘味とすっきりとした口当たりが前菜にもぴったりですよ。

メイン料理に

 お次はメイン! クリスマスのディナーといえば、ターキー(七面鳥)が思い浮かびます。こうした洋風の“ごちそう”にお薦めしたいのが、一部「白 こうじ 」を使っている日本酒です。通常、日本酒は「黄麹」を用いるのですが、焼酎に使われる「白麹」で醸された日本酒はクエン酸が多く含まれるため、甘酸っぱく爽やかな味わいに仕上がります。

 福持酒造場(三重県名張市)の「天下錦 純米吟醸  おり がらみ」は、その名前にもある通り、うっすら濁っており(おりがらみ)、もろみ(搾る前の日本酒)の味わいが楽しめます。そんな白麹で醸された果実味豊かでボディーのしっかりとした味わいは、クリスマスディナーらしい洋食を引き立ててくれます。

デザートに

 最後はデザート。ドイツを代表するクリスマスの伝統菓子「シュトレン」はいかがでしょうか。その歴史は14世紀にまで遡り、バターたっぷりの生地の中には、洋酒に漬けたドライフルーツやナッツがぎっしり! 大人向けのリッチな味わいと、味が日に日になじんで変化していくのが特徴で、ドイツではクリスマスの4週間前から食べ始める家庭が多いそう。

 そんなシュトレンにぴったりな日本酒が、寒紅梅酒造(津市)の「純米 シロクマラベル」。甘味と酸味、そして優しい香りが折り重なる純米酒は、シュトレンの濃厚な味わいと相性抜群です。

 西洋文化の象徴であるクリスマスですが、日本酒と組み合わせてみれば新たな発見に出会えるはず。みなさまも、いつものクリスマスに日本酒を合わせて、特別な時間を過ごされてはいかがでしょうか。

 【Miss SAKE】 「一般社団法人Miss SAKE」(東京都)が開催しているコンテスト。受賞者は、日本酒や日本文化の魅力を国内外に発信する親善大使を務める。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2589337 0 日本酒探Q Miss SAKEのオススメ 2021/12/11 05:00:00 2021/12/11 13:02:46 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211211-OYTAI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)