春の乾杯 満喫を

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 春分を過ぎて各地で桜も開花し、本格的に春の到来を感じるようになりました。「2021 Miss SAKE」の愛知県立大4年松崎 未侑みゆ (愛知県半田市出身)と「2021 Mr SAKE」の大阪歯科大5年富沢武士が、春の乾杯をより満喫させてくれる、とっておきの日本酒をご紹介します。

ロゴに花びら

「2021MissSAKE」の松崎さん
「2021MissSAKE」の松崎さん
「2021MrSAKE」の富沢さん
「2021MrSAKE」の富沢さん

 日本民族の未来 永劫えいごう弥栄いやさか を祈念して命名された「 御代櫻みよざくら 」。「御代桜醸造」(岐阜県美濃加茂市)の代表銘柄です。ロゴの桜の五弁花は日本酒が持つ五味五感の調和を、十弁花は酒造りに携わる幸せを表しているそうです。岐阜県の地元米で醸した「御代櫻 純米大吟醸 flower」。フルーティーで、火入れもしてあり、この季節にはぴったりです。

色づくグラスで

 「石川酒造」(三重県四日市市)の季節限定「 噴井ふきい  純米吟醸 桜グラスセット」は、冷やして専用の冷感グラスに注いでお楽しみください。冷酒を注ぐと、グラスに描かれた桜がピンクに色づき満開に。花見酒を視覚的にも楽しませてくれます。

 このお酒は、仕込み水に鈴鹿山系の伏流水を使用。ふくらみとやさしさ、すっきりと調和した香味が身上です。有名百貨店のオンラインストアでは堂々の1位で、この季節の人気商品でもあります。

桜から酵母

 新型コロナウイルス感染の懸念から、お花見は遠慮される方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方はぜひ、「 勲碧くんぺき 酒造」(愛知県江南市)の「勲碧 純米吟醸 桜酵母 五条川桜」を飲んで、桜を感じてください。天然の桜から採取した酵母で醸されています。

 江南市の観光名所でもある五条川のソメイヨシノの桜並木を想像しながら、きれいな香りで 旨味うまみ もたっぷりな日本酒をお楽しみくださいませ。

愛される存在に

 冬の日本酒造りがいったん落ち着いた桜の季節に、みりんが造られるようになりました。もち米で醸し、糖度が高い「杉浦味淋」(同県碧南市)の「古式三河仕込 愛櫻 純米本みりん三年熟成」。「愛櫻」は、誰からも愛される桜のような存在になりたいという思いを込めて命名されました。

 蔵元推奨の楽しみ方は、アイスクリームにかけていただくこと。お花見用のお菓子づくりに用いるのも良さそうですね。

最後に

「2022 Miss SAKE」「Mr SAKE」のファイナリストたち
「2022 Miss SAKE」「Mr SAKE」のファイナリストたち

 今回が最後の寄稿となります。昨年8月から始まった「Miss SAKEのオススメ」をご愛読いただき、ありがとうございました。毎月の連載を通して、私自身、四季折々に楽しめる日本酒の魅力と日本文化の深いつながりに出会うことができました。

 私たちMiss SAKE、Mr SAKEは、2022年度の新たな日本代表を決めるための最終選考会を、7月4日に京都市の「ウェスティン都ホテル京都」にて一般公開で執り行う予定です。今後も日本酒を中心に、日本文化の魅力をお伝えすべく、公式ブログ、YouTube、イベントなどで活動に精進してまいりますので、応援いただけましたら幸いです。みなさまのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 【Miss SAKE】 「一般社団法人Miss SAKE」(東京都)が開催しているコンテスト。受賞者は、日本酒や日本文化の魅力を国内外に発信する親善大使を務める。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2867115 0 日本酒探Q Miss SAKEのオススメ 2022/03/26 05:00:00 2022/03/26 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220325-OYTAI50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)