おやじキャンパー

花火師 若林鉄也さん

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

親子2人 野遊び

 東海地方を中心に活動するキャンパーたちのキャンプスタイルや楽しみ方を紹介する企画「東海CAMPers」。ユーチューブやインスタグラムで積極的に発信しているキャンパーならではの情報を、日曜日の紙面で随時お届けします。今回は、三重県亀山市の花火師で、新型コロナウイルスの感染拡大を機に親子でブッシュクラフトにはまっているという若林鉄也さん(42)が登場します。

読売オンライン動画はこちら

YouTube動画はこちら

山で夏休み 相棒に成長

既製品は極力買わず、自作の道具でブッシュクラフトキャンプを楽しむ若林さん(津市で)=隅谷真撮影
既製品は極力買わず、自作の道具でブッシュクラフトキャンプを楽しむ若林さん(津市で)=隅谷真撮影

 皆さん、はじめまして。「かっこいい 親父おやじ 」の背中を見せたいと、息子と2人でブッシュクラフトキャンプを楽しんでいる若林です。なるべく既製品を使わず、最低限の道具と自然の中で手に入るもので「野遊び」を楽しむ私のキャンプスタイルを紹介します。

ロマンそのもの

 15年ほど前にロッククライミングを始めたのですが、山の先輩たちに野遊びの魅力を教えてもらったことがきっかけで、キャンプを始めました。

 子どもの頃、山奥でたき火をしながら「男くさい」キャンプをしている男性が出てくるCMや雑誌などをみて、「いつか自分もあんな大人になりたい」と思っていたので、キャンプは私にとって「ロマン」そのもの。今も、そのかっこよさを追い求めてキャンプをしています。

コロナが契機

 休日にソロかファミリーキャンプに行く程度だったのですが、新型コロナで生活が一変しました。イベントや祭りは全て中止になり、花火師としての仕事が激減。自宅にいる時間が圧倒的に増えました。

 花火師は夏が繁忙期。親も花火師だったので、私には夏休みに親と遊んだ記憶がありませんでした。そこで、時間ができたことをきっかけに、当時小学5年生だった息子をキャンプに連れ出してみたんです。

 もちろん、ブッシュクラフトですから、いつものファミリーキャンプとは違います。よく燃えそうな木枝を山の中で探したり、最低限の道具だけを使って火をつけてみたり。

 それまで、「ご飯まだできないの」と、待ちの姿勢だった息子でしたが、今では私よりも上手に火をおこして飯ごうでコメを炊けます。テントの設営から全て1人でできるようにもなり、「キャンプ行くか」と聞くと、黙ってささっと荷物をまとめてくれます。

 中学生になり、部活などで忙しく、一緒にキャンプに行ける日は少なくなりましたが、それまで夏休み期間中はほとんど2人で山にいたので、息子というよりもバディ(相棒)のような存在ですね。

自然の中、お気に入りの道具でコーヒーを楽しむ
自然の中、お気に入りの道具でコーヒーを楽しむ

正しい知識を

 最近はブッシュクラフトキャンプが流行しています。山に入るだけなら誰でも簡単にできますが、山の中では、小さなケガでも大きな事故につながりかねません。

 私自身、キャンプ経験は比較的豊富でしたが、息子に正しい知識を教えてあげたいと、ブッシュクラフトの講習会も受けました。

 火を使うこと一つを取ってみても、一歩間違えば山火事につながります。自然に溶け込むのが最大の魅力ですが、それを楽しむには、正しい知識を身につけることが不可欠だと思います。

息子と全国へ

 新型コロナの影響もあって今は県内のキャンプ場にばかり行っていますが、落ち着いたら、息子と一緒に全国のキャンプ場を回るのが目標です。

 キャンプって、どこに行ってもやることは同じなんですよ。でも、見える景色は場所によって全然違う。2人で色んな景色を楽しみたいですね。

 【若林鉄也】 三重県亀山市出身、在住。同市の「伊藤煙火工業」の花火師。ロッククライミングや野遊び、キャンプのほか、レザークラフトや木工などが趣味で、自身のブランド「N.B.N WORKS」を運営し、自作の革製品や「無骨箱」などのキャンプギアを販売している。

たき火脇で収納自在
たき火脇で収納自在

N.B.N WORKS「無骨箱」

(4500円~)

 自ら企画・開発した木箱。お気に入りのギアを詰め、たき火の横で楽しむことを想定した「大人のための小物入れ」で、取り外し可能な灰皿や、スマートフォンを差し込んでウッドスピーカーとして使えるような仕切り板などが組み込まれている。コーヒーミルを入れたり、ペグを入れたりと使い方は自由自在。「これさえあれば無骨キャンパーの仲間入り」という自信作だ。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2851502 0 東海CAMPers 2022/03/20 05:00:00 2022/03/20 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220320-OYTAI50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)