二村ヒトシ「なぜあなたは『愛してくれない人』を好きになるのか」(文庫ぎんが堂)

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

丸善名古屋本店

(@MARUZENNAGOYA)  森次格子さん

 丸善名古屋本店(名古屋市中区)のスタッフ森次格子さんは、多くの人に読んでほしい本として、二村ヒトシさんの「なぜあなたは『愛してくれない人』を好きになるのか」を挙げた。「親子関係で苦しんでいる人に、ぜひお薦めしたい」という。

親子関係が生む「心の穴」

森次さんお薦めの「なぜあなたは『愛してくれない人』を好きになるのか」(丸善名古屋本店で)
森次さんお薦めの「なぜあなたは『愛してくれない人』を好きになるのか」(丸善名古屋本店で)

 メインの内容は、恋愛に関すること。恋愛に至る前の人間関係で土台になるのは「家族との関係」という視点で書かれている。仕事をしていて、結婚も視野に入っている20歳代から30歳代の女性には、特に心に刺さるのでは。

 私が読んだのは5年くらい前。当時、参加した東京での読書会に二村さんも来られていて、話すようになったのが、著書を手に取るきっかけだった。

 親子関係で悩みを抱えている方は、この本の6章「すべての『親』は子どもの心に穴をあける。」だけでも読んでほしい。書中では「自分を苦しめる感情」について、幼い頃の親との関係にあると言及。親の望み通りにできない劣等感、愛してほしいだけ愛してもらえないさみしさや悲しさ、親を悲しませる罪悪感。それらを全部ひっくるめて「心の穴」と表現している。

 仕事帰りに満員の電車の中で読んでいて、「私のことだ、これまでもやもやしていた感情はこれだ」と気づき、救われた気持ちになって、衆人環視の中だったが、何だか泣いてしまった。

 この本ではさらに、生きづらさを感じたり、苦しさを覚えたりすることは、いったん全部親のせいにすればいい、とも指摘している。それは親を憎むということではなく、自分がなぜそういうふうに行動するのか、なぜそう考えるのか、自己分析するための一歩だと説いている。

 あいてしまった穴を無理やり埋めようとしても苦しいだけだが、原因がわかることで、気持ちは楽になると思う。

 二村さんの著書はたくさん読んだ。「僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに」(角川書店)は、自身が読んできた少女漫画について分析している。少女漫画によって愛される作法を教わってきたはずなのに、なんだかうまくいかない、生きづらい。それはなぜだろうという疑問を解消するための本である。

 私がお薦めする少女漫画は、テレビドラマにもなった萩尾望都さんの短編「イグアナの娘」。娘を愛せない母親と、愛されたいのに、なぜ嫌われるのかわからず悩む娘。娘が最後に、母親と自分が似ていたことに気づくまでが描かれる。こちらも親子関係に悩んでいる方に読んでほしい。

 萩尾さんの作品では、「メッシュ」も紹介したい。主人公は男の子だが、やはり親子関係に問題を抱えている。母親には捨てられ、父親ともいざこざがある。対立は解決しないまま、日常が続いていく。

 こうした作品にどっぷりつかって、もやもやする気持ちを投影すれば、自分が救われることもあるのではと思う。

森次さんおすすめの10作品

「恋愛論」橋本治

「どうすれば愛しあえるの」宮台真司、二村ヒトシ

「欲望会議」千葉雅也、二村ヒトシ、柴田英里

「あなたの恋がでてくる映画」二村ヒトシ

「僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに」二村ヒトシ

「イグアナの娘」萩尾望都

「メッシュ」萩尾望都

「閨房の哲学」マルキ・ド・サド、秋吉良人訳

「快楽主義の哲学」澁澤龍彦

「あなたの好きな少女が嫌い」(「女が死ぬ」より)松田青子

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2935820 0 東海読書アカウント 2022/04/20 05:00:00 2022/04/20 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220419-OYTAI50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)