食欲そそる「よだれサワラ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

今が旬のサワラ
今が旬のサワラ

 魚屋の森です!! 今日は何の日かな~?

 今回は「サワラ」。皮目が光り輝いているものが新鮮な証しですが、もっと鮮度が良くなると銀色というより黒っぽく見えるんです。市場で黒く輝くサワラを見つけるとめちゃくちゃテンションがあがります!!

 ここで豆知識。白身魚のイメージが強いサワラですが、実はマグロなどと同じ赤身魚なんです。白身魚は同じ地域で一生を過ごす魚で、身がしっかりしていて淡泊な味わい。一方、赤身魚は長距離を回遊していて、身が軟らかく味が濃厚です。

 「魚」へんに「春」と書くので春の魚というイメージが強いですが旬は2回。この時期に加え、11~2月の冬のサワラは脂がのっていて格別のおいしさです。それに比べ、今の時期はわりとあっさり味。オススメの食べ方は、よだれ鶏ならぬ「よだれサワラ」です。

よだれサワラ
よだれサワラ

 いま「お魚中華」という新ジャンルに凝っていて、魚を使った中華料理をいろいろと創作しています。ちょっと蒸し暑くなってくると、ピリッと辛味の利いたレシピが食欲をそそりますよね♪

 日本酒で軽く酒蒸しにしたサワラによだれ鶏風のピリ辛ソースをかけるだけですが、サワラのむちっとした食感と濃いめのソースが絡んで、ごはんだけでなくお酒も進む一品になります!! 色々な魚に応用できますが、個人的にサワラがベスト。レシピは動画でも紹介しているのでぜひのぞいてみてね!!

  ◇森朝奈(もり・あさな)  鮮魚の小売りや「下の一色」などの飲食店を名古屋市を中心に展開する「寿商店」の後継ぎ。長年培った魚の目利きとノウハウで海の幸の魅力を広く発信し、日本の魚食文化の継承・発展のために奮闘している。今年4月には「名古屋セントラルパーク」に同社の原点でもある鮮魚店を新規オープンした。 ユーチューブチャンネル「魚屋の森さん」 で様々な情報を発信している。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3014017 0 魚屋の森さんのおサカナ料理道 2022/05/20 05:00:00 2022/05/20 08:47:45 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220519-OYTAI50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)