イサキの塩焼き「立て塩」で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 魚屋の森です!! 今日は何の日かな~?

 今回紹介するのは「イサキ」です。皆さんご存じの通り、夏を代表するおいしい白身魚ですが、意外と骨が硬く、かつて鍛冶屋が喉に骨を詰まらせて苦しんで死んだことから、「鍛冶屋殺し」なんていう怖い異名も持っていたりします。

 年間を通じて市場に出回りますが、この時期は特に味が良くて、脂がのってでっぷりとしたイサキの塩焼きのおいしさといったらもう……たまりません!!

 そして、実は白子(精巣)がとってもおいしい!! 真子(卵)もおいしいですが、白子はちょっと別格のおいしさ。もしもさばいて白子が出てきたら、めちゃくちゃラッキー。ぜひ、煮付けにして食べてみてください。

イサキの塩焼き
イサキの塩焼き

 今回は、塩焼きをぐっとおいしくするためのコツも教えちゃいます。それは「塩を振らない」こと。

 「え、何を言ってるの」と思いますよね。でも、料理屋さんなんかでは、塩を振らずに焼くところ、実は結構あるんです。

 塩を振らない理由は、塩が均等に身につかないので味にムラができるから。だから、塩水に魚を浸す「立て塩」という方法がオススメなんです。魚の嫌なにおいもとってくれるので一石二鳥です。

 詳しい作り方は動画で紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね!!

(【魚のプロ技】塩を振らない?塩焼き?!誰でも失敗ナシ!超簡単にお店クオリティ)

 私も子どもの頃から、イサキの塩焼きが食卓にあがると「いよいよ夏だな」と感じていたものです。ぜひ皆さんもイサキを食べて夏を感じてください♪

  ◇森朝奈(もり・あさな)  鮮魚の小売りや「下の一色」などの飲食店を名古屋市を中心に展開する「寿商店」の後継ぎ。長年培った魚の目利きとノウハウで海の幸の魅力を広く発信し、日本の魚食文化の継承・発展のために奮闘している。今年4月には「名古屋セントラルパーク」に同社の原点でもある鮮魚店を新規オープンした。 ユーチューブチャンネル「魚屋の森さん」 で様々な情報を発信している。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3051927 0 魚屋の森さんのおサカナ料理道 2022/06/03 05:00:00 2022/06/03 09:06:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220602-OYTAI50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)