高山施設死傷 傷害致死で元職員追起訴 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で2017年夏に入所者が死傷した事件で、岐阜地検は17日、同施設の元介護職員小鳥剛おどりたけし被告(33)(名古屋市南区)を、入所者の中江幸子さん(当時87歳)に対する傷害致死罪で岐阜地裁に追起訴した。今後、裁判員裁判で審理されるが、小鳥被告の弁護士によると、小鳥被告は全面的に否認を続けており、公判でも無罪を主張する方針だ。

 起訴状では、小鳥被告は同年8月12日午後3時14~15分頃、同施設2階の部屋で中江さんの首を絞めた上、胸を圧迫するなどの暴行を加え、折れた胸の骨が肺に刺さって起きる外傷性右血気胸けつききょうで翌13日午後9時30分頃に死亡させたとしている。

 小鳥被告は先月3日、別の入所女性(当時91歳、17年10月に老衰で死亡)への傷害容疑で逮捕され、岐阜地検高山支部が先月24日に傷害罪で岐阜地裁高山支部に起訴している。

 弁護士によると、小鳥被告は、起訴された2件についてはいずれも「やってない」などと否認。弁護士は、小鳥被告が2人に暴行したとする捜査当局の根拠も不十分だとしている。

無断転載禁止
494259 0 ニュース 2019/03/18 05:00:00 2019/03/18 05:00:00 2019/03/18 05:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ