鮮やか 700匹こいのぼり 愛知・一宮の商店街

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

商店街を彩る約700匹のこいのぼり(20日午後、愛知県一宮市で)=橘薫撮影
商店街を彩る約700匹のこいのぼり(20日午後、愛知県一宮市で)=橘薫撮影

 愛知県一宮市の本町商店街で、約700匹のこいのぼりがアーケード内に飾られ、色鮮やかな姿が買い物客らの目を楽しませている。5月6日まで。

 商店街が市民らから提供を受けたこいのぼりを使って毎年、端午の節句(5月5日)の1か月前から実施している。こいのぼりは最大8メートルで、泳いでいるように横向きに取り付けられたものもある。

 昨年に寄付した3匹を見に家族5人で来た春日井市の男性会社員(44)は「たくさんあるので迫力がある。自分たちのこいのぼりが飾られていてうれしい」と話した。

547018 0 ニュース 2019/04/21 05:00:00 2019/04/21 05:00:00 2019/04/21 05:00:00 多くのこいのぼりが飾られている商店街のアーケード(20日午後4時30分、愛知県一宮市で)=橘薫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190421-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ